64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:07:28.18 ID:KGXUhPnD0 [19/25回(PC)]
数時間後
お通夜
光彦「元気だしてください、歩美ちゃん」ニヤニヤ

歩美「光彦君、私どうしたらいいの?」

光彦「どうしたらいいか。本当は分かってるんだろ?
自首しろよ!」

歩美「え?」

68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:13:01.43 ID:KGXUhPnD0 [20/25回(PC)]
帝丹高校

コナン「らーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!」

元太「おい、コナン!!探偵事務所も火事になってるぞ?」

コナン「光彦だ。犯人は光彦で決まりだ!」

元太「じゃあ警察に電話を」

コナン「おい、それはやめとけ。あのことを忘れたのか?」

元太「あ、そうだったな・・・」

コナン「とりあえず、歩美の両親のお通夜に行こう」

元太「そうだな」

71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:18:18.94 ID:KGXUhPnD0 [21/25回(PC)]
歩美「光彦君どういうこと?」

光彦「もう全部知ってんだよ。」

歩美「・・・」

藤木「もう辞めようよ!!」

光彦「藤木君・・・。」

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:23:05.68 ID:KGXUhPnD0 [22/25回(PC)]
コナン「あれは、3年生の藤木さんだ。どうしてここに?」

光彦「いつから気付いてたんだ、藤木君?」

藤木「最初からだよ。」

元太「どういうことだ?」

ピーーーーーーン!!
コナン「そういうことか!!」

75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:27:05.41 ID:KGXUhPnD0 [23/25回(PC)]
コナン「あなた、本当は光彦じゃありませんね?」

光彦「・・・」

コナン「永沢さんですね?」

永沢「そうだよ」

元太「なんだと??」

歩美「あなたは玉ねぎの人なの?」

コナン「光彦も永沢さんも同じそばかす顔だからカツラさえ被れば区別がつきにくい。」

78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:30:27.25 ID:KGXUhPnD0 [24/25回(PC)]
歩美「でも、なんのために?」

永沢「博士と灰原の殺された事件だよ。そのショックで光彦は自殺した。誰も光彦が死んだ事は知らない。だから僕が光彦に変装して復讐することにしたんだ。」

コナン「あなたは何か勘違いしています。」

永沢「いや、僕は間違ってないよ。博士が殺されたのは外部犯だと小五郎は推理したけど本当は遺産を手に入れるために君達が殺したんだ。
おそらく小五郎の声も君が。
そして再捜査させないように警察本部長の声で通達したのだろう。」

歩美「どうする、コナン君?」

元太「ヤバイんじゃないか?」

コナン「大丈夫だ。証拠は残っていない。」

80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:36:54.06 ID:KGXUhPnD0 [25/25回(PC)]
永沢「証拠ならあるよ。」

元太「なんだと?」

コナン「大丈夫だ。博士の遺品にとっておきの道具があった。」

元太「どんな道具なんだ?」

コナン「死んだ人を生き返らせる道具だ。
これを使って全員生き返らせる
そうするとただ永沢が放火した罪だけが残る」

永沢「君は本当に卑怯な人間だね・・・」

終わり

前へ