33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 15:12:45.94 ID:KGXUhPnD0 [12/25回(PC)]
歩美「そ、そんな!!」

光彦「あーあ、マンション全てに火が上がってますね」ニヤニヤ

歩美「嘘でしょ」

光彦「歩美ちゃんの両親が無事か心配ですね」ニヤニヤ

36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 15:20:12.85 ID:KGXUhPnD0 [13/25回(PC)]
翌日
コナン「歩美の家が放火されたって本当?」

小五郎「ああ。同時刻に元太の親戚の家も放火されたそうだ。」

ニュース『ただ今入ったニュースです。先ほど米花病院で火災があると通報がありました。』

コナン「おじさん、ここって」

小五郎「元太の両親が治療を受けてる病院だ」

42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 15:30:24.21 ID:KGXUhPnD0 [14/25回(PC)]
コナン「ちょっと出かけてくる!!」タタタタ!

光彦「あ、コナンじゃないですか。どこ行くんですか?」ニヤニヤ

コナン「米花病院に」

光彦「今日の夜に歩美ちゃんの両親のお通夜がありますよ」ニヤニヤ

コナン「光彦、まさかお前が?」

光彦「なんのことですか?」ニヤニヤ

コナン「いや、なんでもない。じゃあ行ってくる」タタタタ!

光彦「」ニヤニヤ

44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 15:36:57.60 ID:KGXUhPnD0 [15/25回(PC)]
元太「おい、探したぞ。光彦」

光彦「あ、元太君じゃないですか」ニヤニヤ

元太「どういうことだよ、説明しろよ!!」

光彦「何をです?」ニヤニヤ

元太「昨日、米花病院来てただろ?
お前が居たところばかり放火にあってるんだよ」

光彦「確かにそうですね」ニヤニヤ

元太「だから説明しろよ」

光彦「偶然じゃないですか?」ニヤニヤ

元太「お前がやったんだろ?」

光彦「やだなー。友達を疑わないでくださいよー。じゃあ僕は行くところがあるんで。さよなら」ニヤニヤ

49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 15:44:08.50 ID:KGXUhPnD0 [16/25回(PC)]
数時間後

コナン「あまり手がかりは見つけられなかったな。」

光彦「あ!!」ニヤニヤ

コナン「おい、光彦何やってんだ?
探偵事務所の下で?」

光彦「こ、これはですね・・・」ニヤニヤ

コナン「お前、手に持ってるのガソリンとライターじゃないのか?」

光彦「花火するつもりだったんですよ、ははは。」ニヤニヤ

53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 15:49:05.10 ID:KGXUhPnD0 [17/25回(PC)]
コナン「やっぱりお前だったんだな?」

光彦「コナン君も僕を疑ってるんですか?」ニヤニヤ

コナン「もう逃げられないぞ?」

光彦「なんかあっちの方で煙が上がってませんか?」ニヤニヤ

コナン「え?」

光彦「あの場所って帝丹高校らへんじゃ無いですか?」ニヤニヤ

59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/17(木) 16:00:30.73 ID:KGXUhPnD0 [18/25回(PC)]
光彦「蘭さんが早く帰ってたらいいんですけど部活ですよね?」

コナン「どういうことだ?」ガッ

光彦「痛いですよー。離してくださいよ。
早く安否の確認したほうがいいと思いますよ。蘭さん空手の試合近いからいつもこの時間まで練習してますから」ニヤニヤ

コナン「ちくしょう!!」タタタタ!

光彦「あーあ。行っちゃいましたか。探偵事務所が火事になっても知りませんよー。」ニヤニヤ

前へ 次へ