1. まとめトップ

MSがRemote DesktopのiOS/Mac/Android版を一気にリリース!!

MS から MacOS、iOS、Android 用の RDP がリリースされました。NLA や Remote Desktop Gateway への対応など良い感じです。iPad や iPhone から RemoteFX を使ってWindows Server に接続することができるようになりました。

更新日: 2013年10月18日

1 お気に入り 7676 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Pome_Shibaさん

Windows 8.1 そして Windows Server 2012 R2 の提供開始と同時に、マイクロソフトが iOS / Android 用の純正リモートデスクトップ (RDPクライアント) アプリをリリースしました。App Store および Google Play からどちらも無料でダウンロードできます。

対応OSとデバイス要件は、iOSが iOS 6以降、iPad, iPhone, iPod touch対応。iPad および iPhone 5 画面レイアウトに最適化済み。Android は 2.2 以降。

変更点

iOS / Android にも数多あるリモートデスクトップと比較して嬉しい点は、まずホスト側がWindows OS に組み込まれた純正であること、最新版の接続プロトコル RDP 8.1 や RemoteFX といった先進的な機能に対応すること、帯域幅に応じた動画・音声ストリーミングや応答性の高さ、マルチタッチジェスチャのサポートなど。

共通機能:
・リモートデスクトップゲートウェイを経由してリモートリソースへにアクセスできるようになりました。
・ネットワークレイヤ認証(NLA) をサポートするようになりました。これで、Windows 8.1 にも繋がります。
・コネクションセンターからリモートコネクションが管理できます。

iOSと Android 版:
・RemoteFX のサポートが追加されました。これで RemoteFX が有効になっている 仮想マシン(Windows Server) に接続できるようになりました。

Mac 版:
・複数モニタやプロジェクタへ簡単に接続できるようになりました。プレゼンに使えそうです。
・Windows アプリケーションから Mac 上のプリンタへ印刷できます。
・Windows アプリケーションから Mac 上のローカルファイルにアクセスできます。

各プラットフォーム用の説明ページ

関連リンク

1