1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kentaro9625さん

♮「キタジ」の愛称で親しまれた北嶋選手

生年月日:1978年5月23日(35歳)
出身地:千葉県習志野市

所属クラブ
1997-
2003  柏レイソル
2003 →清水エスパルス(loan)
2004-
2005  清水エスパルス
2006-
2012  柏レイソル
2012 →ロアッソ熊本(loan)
2013  ロアッソ熊本


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B6%8B%E7%A7%80%E6%9C%97

ロアッソ熊本は17日、元日本代表FW北嶋秀朗が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

北嶋は市立船橋高校時代に、全国高等学校サッカー選手権大会で当時の最多記録となる通算16ゴールを挙げたほか、2度の優勝を経験。その後、1997年からは柏レイソルでプロ選手としてのキャリアをスタートさせた。

北嶋選手と言えば、高校時代から有名でした。
第75回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝、中村俊輔選手要する桐光学園との決勝は、未だにサッカーファンの間で語り継がれている名勝負です。

桐光学園・市立船橋
サッカーの名門である両校の10番を背負って戦った中村と北嶋

♮97年に柏レイソルに入団。「Mr.レイソル」と呼ばれゴールを量産

97年入団以来からエースとして活躍。
108試合出場し36得点をあげるが、
2003年に清水へ移籍。

しかし06年、J2に降格していた古巣柏へ復帰した事が、「Mr.レイソル」と呼ばれる所以となった。

1997年に柏レイソルに入団。プロ3年目の1999年からは柏のエースとして活躍していたが、チーム方針への不満などから2003年に清水エスパルスへ移籍。

J2に降格直後の古巣柏に電撃復帰。チームの精神的支柱としてJ1昇格に貢献し、副キャプテンとしてチームを牽引した。

2011年、柏レイソルはJ1昇格初年度で優勝するという史上初の快挙を成し遂げました。

優勝の瞬間の彼のこの顔は、今でも目に焼き付いています。

♮その後J2の熊本に移籍

「最高の柏バカ」
移籍前最後の試合でのセレモニー

2012シーズン途中からは熊本でプレーし、昨シーズンは8試合出場3ゴールの成績を残していた。

北嶋秀朗選手引退。。近所でサッカーを始めたキタジがついに引退か。。高校の頃は、中村俊輔よりスーパースターだったよな。。

生え抜き、特にユース上がりの選手の方が気持ちは入りやすいのだけど、移籍してきた選手でもあっという間に心を掴んでくることもよくある。 北嶋選手はまさにそれで、3年という短い期間だったけど、すぐにサポーターに愛されてたなぁ。個人的にも大好きな選手。お疲れ様でした。

北嶋引退・・・寂しいな・・・ 北嶋のニアサイドへのゴール好きだった。 北嶋・・・きたじ・・・ニア嶋・・・

キタジさんが引退…レイソルの優勝はこの人がいなかったらなかった。マリノス戦で酒井の高速クロスに合わせたあの芸術的ニアサイドへの飛び込みが忘れられない。

♮引退理由は、2005年の怪我の影響だと思われていた。

キタジさん引退かぁ( ;´Д`) 怪我さえなければ…。

あれ、キタジ引退か 大きな怪我もあって辛いシーズン多かっただけに、2011年の活躍は嬉しかったなぁ

キタジ引退かー。。怪我の具合がよくないんだろうな 私がサッカーを好きになるきっかけをくれた選手(市船時代)。ありがとうを言いたいです。

♮しかし、会見でとんでもない男前な理由が語られる!

今シーズンで現役を引退することを決意しました。

理由は身体が動かないとかではなく、膝の調子が悪いからではなく、モチベーションが続かないからでもなく。

自分が定めた「この試合」で初めて決められなかった。


それが理由です。

♮「点取るぞ!」と決めて取れなかったから辞める。それだけ。

2005年以降の試合の全ての「この試合」でゴールを決めてきました。

年間の得点が1点しかなかろうが「この試合」でゴールを決めたら周りがなんて思おうが胸を張ってプレーを続けてきました。

去年でいえば福岡戦だったし、その前だったらレイソルのときのホームでの甲府戦だったし、その前ならアウェーのジェフ戦だったし。。それを辿っていくのも面白いな。。(笑)

1 2