1. まとめトップ

一般人が作った、ハイセンスな"結婚式余興ムービー" 22作品

結婚式の余興用に、動画を作る場合に参考になりそうな全国のハイセンスなムービーをご紹介します。製作技術、企画力はもちろんなんですが、やっぱり友人の「めでたいぜ~!」というパワーが一番、心を掴みますね。

更新日: 2016年08月18日

593 お気に入り 1554515 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

T.Ohkiさん

JR九州・九州新幹線のCMのパロディ。結婚式の準備をする友人・家族の映像が上手に元ネタの世界観にマッチしていて感動的。幸せいっぱいなムービーですね。

低燃費少女ハイジのアフレコムービー。二次会余興とタイトルに書かれていますが、これは待機中のムービーですね。ただただ、フフフと笑ってしまいます。いいですね~。

結婚式24時間前から会場へ走って向かっている、という友人。生放送(ムービーw)を見ながらゲストがその場を盛り上げるという素敵な余興です。親世代も一緒になって楽しめちゃいますよ。いやぁ、こういう余興ムービーの作り方もあるんですね。完全に企画の勝利。

2000回のシャッターがストーリーになる。そんなフレーズが流れますが、まさにそのとおり。製作ドキュメンタリーを冒頭を軽快なBGMが盛り上げ、最後に作品ムービーが流れます。暖かい友人たちが、楽しみながら作品を仕上げる。もう…感動しかないんですよね、このムービーには。

新婦さんが人に愛されるキャラというのが伝わってきます。それを祝福する友人一同。結婚おめでとう、という最後の言葉がたまりませんね。

ソフトバンクのCMパロディ動画。中央や右の人はダンス経験者かな。動きにキレがあるし、足元の動かし方が繊細でいいですね。結婚式会場へ向かう友人たちの様子を表現したいいムービーです。

サッカー繋がりならではの友人たちによる余興ムービー。リフティングでボールをどんどん繋いでメッセージへとたどり着きます。途中でロナウジーニョも登場しちゃうアクセントも。最後のNGシーンもいいですね。

ミュージックビデオでも使われる画面分割の手法を使った余興ムービーです。こういうのって、みんなで一つの作品を作ってるという一体感があっていいですよね。

海外ニュース、著名人のコメントVTRをアフレコと字幕で楽しむ余興ムービー。面白いですよね。大事なのは、みんなが知ってる英語のフレーズの部分は、「意味をちゃんと合わせる」こと。このムービーだと「サンキュー」とか「アイルビーバック」の部分。こういう細かいところを合わせるとビシッとなりますね。

めちゃイケの中居君の企画を元にアレンジした余興ムービー。渋谷の街中で、コスプレした友人たちが進行の指示に従ってアクションします。見て、ただただ楽しむ。そんなのもアリですよね。

友人たちが曲をバックに道を歩くんですが、楽しそうなんですよね。通る道が地元感満載で、人情があるというか、暖かくなります。ムービー的には派手なことはないですが、シンプルな中にすごく気持ちがつめられたいいムービーです。

こちらはプロの方々による製作なのかな。綺麗な仕上がりの余興ムービーです。しっとりと暖かい感じで、見るだけでもほっこりします。

「今でしょ」で一躍注目された東進ハイスクールのCMをアフレコした、わずか30秒の余興ムービー。出し物の合間にCMとして入れる用ですかね。短い時間の中に、また何人もの講師たちが出てくるので、短い言葉で笑わせる、クスッとさせる力が必要ですよね。面白かったです。

情熱大陸風に仕上げたオープニングムービー。インタビューをしつつ最後にゲストへのお礼、そこからラストへ向かう流れがおしゃれ。こういう繋ぎ方もあるんだな、と個人的に勉強になりました。

冒頭でご紹介したピカピカ、とコマ撮りのダブル手法。大変だったろうなぁ。。3000枚以上の写真って…。超大作、壮大な努力と愛情・友情の物語が短い時間に詰まってます。すばらしい。

著名人のインタビューをアフレコで繋いで物語を作った余興ムービー。テーマは一貫してとある内容。友人の方たちは、どういう字幕が出るかワクワクしながら見られますよね。

スケッチブックリレーですね。これは本当に一体感があって、「みんなで祝ってる」感が新郎新婦に伝わるんです。みんなが主役になれる、余興ムービーですね。

友人の結婚式用に作成されたパラパラ漫画ムービー。パラパラ漫画のものも最近増えていますが、動物だと一層親近感が持てて世界観に浸りやすいです。

関連まとめ

1