1. まとめトップ
  2. カラダ

おやつが欲しい…食欲が増進してしまう冬季うつのサインを見逃すな!

うつ病に似た季節性情動障害。秋の異常な食欲はこれかも?!

更新日: 2013年10月20日

397 お気に入り 108828 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

食欲の秋。
甘いものが食べたい!

疲れいている時にもおいしい
魅惑の炭水化物…。

それが普段はそうでもないのに
秋冬を境に食べたくなったら
注意が必要かもしれません。

冬季うつにありがちなこと

寒いし外出したくない…
それだけならありがちなようですが、
実は自分で思っているより
落ち込んでいる可能性も。

また、秋〜冬にかけて
仕事に支障が出やすい人も
冬季うつの可能性があります。
☆個人差があります。

冬季うつとは

冬以外の季節では健康な状態であることが多い

冬季うつ、冬うつ、
季節性情動障害(SAD)とも。

早くは10月頃から発生しやすくなり、
寒くなるに従って徐々に悪化傾向。
2〜3月に治まる。

参考http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A3%E7%AF%80%E6%80%A7%E6%83%85%E5%8B%95%E9%9A%9C%E5%AE%B3

鬱病との違い

典型的なうつといえば、「不眠」、「食欲がない」というのが一般的なイメージだが、「冬うつ」は食べすぎ、寝すぎという症状が多く、うつとは自覚しにくい。

通常のうつ病は、まじめで几帳面、責任感・正義感が強い人などがかかりやすく、なりやすい性格やタイプがある程度わかっていますが、冬季うつ病の場合そういった傾向はみられません。

進行すると、夏は軽いそう状態になり、買い物をし過ぎたり、普段よりも社交的になったりする

鬱との違い
●眠い。腹減り、食べ過ぎによる体重増加
●おおざっぱな性格でも発症。
鬱と似ているところ
●だるい、つらい。
やる気が出ない。気が塞ぐ。

☆ただし冬季は通常でも身体が
栄養を溜め込みがちに。
多少の食欲増進は問題ありません。

傾向・知識

「冬季うつ病の存在を知っていることが生活のプラスになる。季節に応じて上手に行動するなど、自分なりの対策をすると予防になる」

日本大医学部の内山真教授談(精神医学)

起きれないのは寒いから…
食べたいのはだらしないから…

そうやって自分に無駄に鞭うって
追い込んでいませんか?
冬季うつにはちゃんと対策があります。

一度自分に問いかけてみては
いかがでしょう。

対策など

日照時間が短くなることが引き金となって、セロトニンなどの脳内の神経伝達物質が減ることが一因

サバ・イワシなどの青魚を取り入れるのも効果的

体内でセロトニンの材料になります。

1 2