1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

zen-12aさん

▼せんとくんの弟? JR大分駅の「ぶんぶん童子」

顔は子どもなのに、体はミツバチ。そんな不思議なモニュメントがJR大分駅にお目見えし、インターネットなどで話題をさらっている。

デザインしたのは、あの奈良県のゆるキャラ「せんとくん」を生んだ彫刻家の籔内佐斗司さん(60)。

せんとくんの弟?!と思って画面開いたらもういや。せんとくんかわいいのに。

せんとくん好きだけどぶんぶんは可愛くないな。せんとくん可愛いのに。でも大分だからな。蜂は殺したあとも針だけ動かして刺してくるから要注意。

「キモすぎるだろ・・・」

これガチやったらほんまにヤバいやろ。ぶんぶん童子…

「もはやクリーチャー」

通る度に何とも言えないもやっと感と不気味な気配を感じるぶんぶん童子。ぶっちゃけもはやクリーチャーである。

ぶんぶん童子怖すぎ。ホラーゲーに出るちょっとすばしっこいクリーチャーじゃないのこれ。ハンドガンで倒す奴

せんとくんはキモカワだけど、ぶんぶん童子はガチでキモい。

▼籔内佐斗司さんの作品は他にもスゴイものが・・・

『せんとくん』とは?

2010年に奈良県で開催された平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)の公式マスコットキャラクターであったが、2011年より奈良県のマスコットキャラクターとなった

1 2