1. まとめトップ

【就活生・忙しいビジネスマン必見!】わかりやすい文章を短時間で書く方法

最近、文章作成に苦手意識を持つ人が結構多いと感じました。私は小説家のように文章を書くのが上手なわけではありません。私の場合、学生時代に訓練を積んだことで書く力を伸ばすことに成功しました。このまとめでは、私が劇的に文章作成スキルを向上させた秘技を紹介します。

更新日: 2019年06月15日

13 お気に入り 3632 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RichardGongさん

あなたは文章を書くのが好きですか?

You didn't have any prejudice against writing, did you ?

好きな人も、嫌いな人も、文章を今よりもっと速く書けるようになりたいと思いませんか?

文章を短時間で作成するコツ知りたいですか? それでしたら、こちらをご覧ください。

報告: 小説を作成した結果…

以前、こちらの出版社で主催している原稿募集に小説を応募したことがあります。2次選考は通過したものの、最終選考は通過できませんでした。こちらのまとめの品質に関しては、みなさまが前述の選考結果をどのように受け取るかによります。

以下にリンクを記載します。リンク先に作品一覧があります。この中のどれかが私の作品です(人物が特定されるのを避けるため、あえてどれが該当作かは書きません)。

音声で概要を把握したい方は、こちらの動画の前半部分をご視聴ください。
後半は、上述の選考通過の話をしています。

1. 背景 - 「文章の書き方」に対する需要

「どこかで書き始めないとせっかくの構想も台無し。一定時間内に書ける量も把握しておいてほしい」

忙しいビジネスマンにとって、時間短縮術をどれだけ持っているかは死活問題。文章を書き始めるまでの時間を短くするだけでアウトプットの効率も上がります。

確かに、文章を書く力は、社会人としての基礎的な「インフラ」である。そして、仕事を進めていくためにも、力のある言葉の助けは欠かせない。

2. 文章作成のイメージ

文章を作成するときに必要なのは、イメージ作りです。文章作成は、紙の上にスタートとゴールを置き、その間を接続する道筋を描くことに似ています。
文章を作成する前段階として、まずは頭の中で白紙を思い浮かべてましょう。そして紙の上方にスタート地点を、下方にゴールを設置しましょう。

2.1 文章の結論を明確化

文章を作成するときに最初にすべきことは、ゴールを決めることです。「何について書くのか?」「その文章を通して何を言いたいのか?」「話の落とし所・着地点はどこか?」を明確化することが必要です。
ここで考えた結論は非常に重要です。例えば大学の論文では結論が題名になり、就職活動のエントリーシートでは最初の一行に来ることが多いです。

2.2 文章の開始点を決定

前述の通り、大学の論文や就職活動のエントリーシートなどでは結論をスタート地点に持ってくるのが最短経路です。
次に何を持ってくるかは個人の考え方に大きく左右されますが、私は「現状どうなっているのか」を書くことをお勧めします。その方が読者は話に入りやすいです。

とくに、ビジネス文書や論文などでは、原則、結論を先に、説明を後に書きます。最後まで読まなければ、何が言いたいのか分からないような文章は、それだけで減点です。口頭で報告をする場合なども、デキるビジネスマンはそのようにします。

ビジネス文書を書く上で、上記は必須です。

2.3 スタートからゴール (結論) までの道程を設計

最後に、スタート地点とゴールの繋げ方を考えてください。きちんとした文章が書ければ、あとはあなたが持っているネタの勝負です。話を作る上でたびたび引き合いに出される「起承転結」の「承」と「転」はここに来るはずです。この部分であなたの頭の中の引き出しを存分に活かしてください。

3. 文を書くときの注意点

ここでは文章作成での細かな注意点を列挙します。基本的に、上記の3つのプロセスを順に追っていくだけでO.K.です。

3.1 一つの文は短めでお願いします。

1文の長さは最大50文字が原則。長すぎるよりは短い方がいいです。短いほどいいと言っている方もいます。
1文が長すぎると、読者の理解が阻害されます。さらに読者が文章を理解しようとするモチベーションを下げる恐れもあります。

文章を書いた後に、心の中で読み上げてみてはいかがでしょうか? もし読みづらさや違和感を感じた場合、文が不自然に長いことが多いです。これは単なる見直しではありません。頭の中で音声情報として出力することで、個々の文のリズムや自然な切り方がわかります。

わかりやすさ・読みやすさを考えたとき、1文の長さの上限は50字程度になるようです。(人によって40字,60字としている場合もあります)

ここに挙げた50字は、1つの文の最大文字数だと考えましょう。これより短くても構いません。

3.2 「です・ます」または「である」のどちらかに統一しましょう。

1 2