1. まとめトップ

【女優】黒木華(くろき はる)のプロフィール・出演作品まとめ

【女優】黒木華(くろき はる)のプロフィール・出演作品まとめ/映画「小さいおうち」にて ベルリン国際映画祭・最優秀女優賞を受賞した黒木華。舞台女優で、近年はドラマ「天皇の料理番」「花子とアン」に出演。2016年には大河「真田丸」や映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」にも出演予定。昭和顔。

更新日: 2016年02月11日

10 お気に入り 92216 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

soki822さん

黒木華(くろき はる)プロフィール

舞台女優。近年はドラマや映画作品にも出演している。2014年には映画「小さなおうち」で日本人過去4人目となる、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)の受賞した。また同年の第38回日本アカデミー賞では、最優秀助演女優賞を受賞した。

山田洋次監督曰く、「日本一かっぽう着が似合う女優」であり、見た目、雰囲気含め、現代若手女優の中では数少ない昭和の日本女性そのものであると絶賛している。

近年の主な出演作品は

2016年.

2015年.

映画公式サイト)http://hahatokuraseba.jp/
2015年12月12日公開
佐田町子 役

ドラマ公式サイト)http://goo.gl/tQlPcT
2015年4月期ドラマ
ヒロイン・ 高浜俊子 役

映画公式サイト)http://solomon-movie.jp/
2015年3月7日、4月11日前篇後篇公開
森内恵美子 役

2014年.

2014年1月25日公開
若い頃の布宮タキ 役

同作品にて、黒木華が日本人4人目となるベルリン
国際映画祭・最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

▼ほか細かな出演作品はこちらを参照

これまでの経歴

京都造形芸術大学在学中に、演出家の野田秀樹が主宰する舞台「ザ・キャラクター」のオーディションに合格し、同作品にて舞台デビューを果たした(2010年)。

その後、NODA・MAP公演や、阿佐ヶ谷スパイダース「荒野に立つ」、蜷川幸雄演出「あゝ、荒野」など舞台作品を中心に出演。デビューから僅か数年で、演劇界の期待の新人として注目を集めるようになった。

2011年11月に公開された映画「東京オアシス」で映画初出演を果たす。続いて2012年にNHK朝ドラ「純と愛」に田辺千香 役として出演。同作への出演が、テレビドラマ初出演作品となった。

これらをきっかけに、舞台だけでなくドラマや映画作品にも出演するようになる。昨今では「リーガルハイ2」「花子とアン」などの話題作に立て続けに出演している。

2014年2月に行われた「第64回ベルリン国際映画祭」にて、出展された山田洋次監督映画「小さいおうち」に出演した黒木華が最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した。

1 2