こうやって外国人が集まるのは報酬がいいからだ。小澤によれば「物価が安いので、十分に貯金ができるレベル」だという。パタヤはリゾート地なので環境もいい。クラブの施設という点でも、タイの景気の良さを感じさせられることが多かった。

出典J2やJFLよりタイリーグに行くべき?“微笑の国”の知られざる蹴球事情。(2/3) - Number Web : ナンバー

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【カレン、茂庭、岩政も】海外リーグで最多!タイに日本人が続々と移籍する理由とは?

今日本人が最も多くプレイする海外サッカーリーグは、ドイツでもイタリアでもありません…それはタイ。その数なんと40人!ここ半年だけで、カレンや岩政、茂庭、西、黒部など、日本を代表したプレーヤーが続々と移籍しています。何故ここまで、タイが日本人選手を惹きつけるのか?その理由をまとめました。

このまとめを見る