内田氏自身もタイやマレーシア、シンガポールでプロ選手を目指したが、入団直前にチームが破たんしたり、怪我のせいで契約を破棄されるなどして24歳の時に引退。その後、タイの現地企業で働き始め、独立した。

出典入るまでが大変!? 日本人関係者が語るタイの厳しいサッカー事情 | フットボールチャンネル

セカンドキャリアのタイ生活。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【カレン、茂庭、岩政も】海外リーグで最多!タイに日本人が続々と移籍する理由とは?

今日本人が最も多くプレイする海外サッカーリーグは、ドイツでもイタリアでもありません…それはタイ。その数なんと40人!ここ半年だけで、カレンや岩政、茂庭、西、黒部など、日本を代表したプレーヤーが続々と移籍しています。何故ここまで、タイが日本人選手を惹きつけるのか?その理由をまとめました。

このまとめを見る