1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

世界一ピュアなおっさん『ダニエル・ジョンストン』の才能が突き抜けている

見た目はどこにでも居る冴えない中年のおっさん。20年以上ひとりの女性を片想いし続け、ロックとアニメとマウンテン・デューを愛し続ける奇才…。ジョニー・デップ、カート・コバーンをはじめとする多くのアーティストが愛してやまない『ダニエル・ジョンストン』とは…。

更新日: 2014年06月13日

だらくださん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
864 お気に入り 239259 view
お気に入り追加

唯一無二のおっさん

経歴【1961年〜】アメリカのシンガーソングライター、イラストレーター。1980年代前半から音楽活動を開始。2005年にはその半生がドキュメンタリー映画化された。

見た目は普通の田舎のおっちゃん

キャリアの初期において自宅で録音したカセットテープを配布するという形で作品を発表していた。ニルヴァーナのカート・コバーンをはじめとする多くのミュージシャンに影響を与えた。

トム・ウェイツ、デヴィッド・ボウイ、ジョニー・デップ、ソニック・ユース、パステルズ、フレイミング・リップス、ベックと彼を愛するアーティストは多数。

カルト的な人気を博しているものの、CDの売り上げはいまいち。

万人受けしない音楽なのかと言われれば、決してそんな事はなく、ポップで非常に美しい曲が多い。

あまりいい音が出ない小さな電気ギターを手にし、か細い高めの声で歌いだす。歌もギターも心もとない。が、その不安定さが味

特にジョン・レノンがお気に入り。

ビートルズを再結成させて俺のバックバンドにするからヨーコにコンタクトをとれと命令した

自信家で、臆病で、優しくて繊細、そんな複雑な表情がとても人間くさくて印象的

その独特の作風と特異なキャラクターでも知られている。

そして…

20年以上持続的に躁うつ病に苦しむ。しかし、家族や友人に支えられながら、現在も勢力的に活動を続けている。

演奏中ほぼずっと、「痙攣」と言ってもいいような感じに手を震わせていた

その病の兆候は、彼が紡ぎだす歌や絵にますます顕著に現れている。

彼の歌にはセックスも社会もまったく出てこない。心の年齢は十二歳で止まっている。

マウンテン・デューを賛美する歌を作ってペプシ社に送った事がある。が、CMソングには採用してもらえず。

彼は今でも両親に面倒を見てもらい、マウンテンデューをガブ飲みしながら親の運転する車に乗って買い物に行き、地下室で音楽を作っている

1 2 3 4





このまとめへのコメント1

  • moimoet66さん|2013.11.30

    貴重なダニエル・ジョンストンの絵がたくさん見られてとても面白かったです。曲は味があって好きでしたが、まさかダビングを知らないとは・・・吹きそうになりました。

1

だらくださん

どうぞよろじぐおねがいじまず。