1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

skkskyさん

ツイッターの予約投稿ってやってますか?

ブログなどをやっていると、なにかのお知らせツイートを決まった日時や定期的に発信したい場面があります。

そんなときにあらかじめ投稿を予約して特定の日時になったらツイートされると便利!

つまり、何日の何時にこのツイートを投稿して!と指定できるのが予約投稿サービスです。

最近では、HootSuiteやBuffer、Twit Delayなど、様々なサービスが有ります。

それらのサービスには頭を悩ます重大な問題が!

予約投稿数制限がある。

予約投稿できるつぶやきの数に上限があるサービスがほとんどです。

上限があっては一度にたくさんの呟きを登録できません!

投稿予約期限がある。

え!30日後までしか指定できないの!?

なんてことを経験したことがある方も多いでしょう。

何日後でも、何年後でも指定したい!

繰り返し予約ができない。

ルーティンなお知らせや何度もつぶやきたいことをいちいち登録するのは面倒!

繰り返し機能があれば、一度設定すれば何度でも自動でつぶやいてくれるのに…。

こんな問題を解決できるサービスが”IFTTT”!

IFTTTは、If this, then thatを略した名前のサービス。

『IFTTT』はユーザーの設定した動作をきっかけに、自動的に設定した動作を行なってくれます。このきっかけを”TRIGGER(トリガー)”、きっかけを元に動く動作を"ACTION(アクション)"と呼びます。

「this」の部分は「きっかけ」になり、「that」の部分が「行動」になる。

例えば、「Facebookで写真をタグ付けした時」がきっかけとなって「テキストメッセージの送信」が行動になる。

GoogleカレンダーとIFTTTで予約投稿を実現できる。

Googleカレンダーに登録したスケジュールが"トリガー"になって、ツイートが"アクション"になる。

IFTTT(イフト)を使えば便利な予約投稿が実現できます。

1.Googleカレンダーにつぶやきを登録する。

Googleカレンダーの「予定のタイトル」に「つぶやきたい言葉」を入力します。

つぶやきたい言葉が長ければ、予定の「説明」に続きを入力しましょう。

例)
予定のタイトル:ブログを更新しました。
説明:[記事のタイトル] [URL] ぜひ見てください。

例のような感じで、記事のタイトルやURLに加えて一言添えることもできます。

※もちろん140字以内で!

2.IFTTTでレシピを作る。

■トリガーを設定
1.”this”にGoogleカレンダーを選択。(アカウントを連携させる)
2.”Any event starts”を選択。(イベントが始まる時間に投稿されるようになります)
3."Create Trigger"をクリック。

※2は、"Event from search starts"で特定の語を指定して、ツイートしたいイベントを選ぶこともできます。つまり、カレンダーのイベントに「予約」など、ツイートしたいイベントに共通の言葉を入れておけば全イベントではなく、特定ワードを含むイベントのみツイートできます。

■アクションを設定
1.”that”にツイッターを選択。(アカウントを連携させる)
2."Post a Tweet"を選択。
3.枠内で投稿する内容を編集します。
→EventTitleとEventDescriptionをプラスマークから選択すると、Googleカレンダーのイベントのタイトルと説明に入力した内容がつぶやかれます。
4."Create Action"で完成。

たったこれだけで自分専用の予約投稿サービスが完成です!

予約投稿数制限→ありません!

Googleカレンダーだから何個でも登録できます!

投稿予約期限→ありません!

Googleカレンダーだから何年先でも予約できます。

繰り返し予約→できます!

Googleカレンダーには優秀な繰り返し機能がついてます。

毎日でも、週一回でも、年一回でも、なんでも繰り返せます。

IFTTTを使って良いツイッターライフを送りましょう!

1