1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

中国のオンラインゲーム市場が急成長!テンセントが時価総額10兆円企業に!

中国でオンラインゲームが急成長を続けています。その市場を牽引しているのが、オンラインチャットQQで有名な「テンセント」です。現在では、Wechat(微信)という中国版LINEを展開して、急成長しています。中国のオンラインゲーム市場についてまとめました。

更新日: 2016年06月15日

65 お気に入り 69182 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

成長する中国オンラインゲーム

中国のオンラインゲームは、毎年20%ものペースで成長し続けています。

2013年、中国のオンラインゲームにおける市場規模が820.6億元に達し、2012年と比べて24%増加すると見通している。

中国のゲーム市場に詳しい中村准教授は、「ここ3年あまりの中国オンラインゲームの市場の伸びは目を見張るものがある」と指摘

中国のオンラインゲーム市場規模は2015年末までに1千億元を突破すると見られる。

中国オンラインゲームを牽引する「テンセント」

QQというチャットから始まって、Wechatという携帯向けチャット(日本で言うLINE)やゲームで急成長した会社です。

中国のインターネットユーザーの大半は「QQサイト」を知っており、コミュニケーションツールとして若者に絶大な人気。

アジア最大のインターネット企業、中国のテンセント・ホールディングス (騰訊)の時価総額が上場から10年足らずで1000億米ドル(約9兆9000億円)を超えた。

中国では、スマートフォンユーザーの大半がWechatを使っています。

テンセント(Tencent)は自社のブログで、モバイルメッセンジャー「WeChat」とゲームアプリを連携させる新プラットフォームが大きな成功を収めていると述べました。

中国最大手の同社は14日、スマートフォン向け無料メッセージアプリ「微信」の海外版(WeChat)登録ユーザー数が大台1億件を突破したと発表

Wechat(微信)が中国市場だけであるにも関わらず、5位に食い込んできている事がわかります。

唯一関心の高い非欧米発アプリがある。 それが第5位のWeChatだ。中国発メッセージアプリで約4億人の登録ユーザ

WeChat経由で対応ゲームにサインインすることで、スコアを共有したりWeChat(メッセージアプリ)内で友達に対戦を挑むことができる。

LINEであったり、KakaoTalkとほとんど同じようなゲームがあります。

海外に輸出される中国のオンラインゲーム

人気ナンバーワンのmixiアプリは農場ゲームである「サンシャイン牧場」。このアプリは中国第2位のソーシャルゲームメーカー、レクーメディア(Rekoo Media)が運営

サン牧は、本社のある中国の他、日本のmixi、米国のFacebook、ロシアのSNSなどでも利用されている。

中国製オンラインゲームの海外市場における今年の販売収入が10億ドル(約976億3000万円)を突破する見通し

中国で行われるゲーム通貨の換金

中国は先進国とは異なり、ゲーム内アイテムを現金で売買し合う「リアル・マネー・トレード」が広く普及している。

中国国内のオンラインゲームの専用取引市場はすでに取引額が100億元(1200億JPY)を上回る巨大な市場に成長しているが、2014年には270億元にさらに急成長すると見込まれている。

香港市場を活用したゲーム企業の資金調達

テンセントの時価総額はうなぎ上りで、フェイスブックと同規模(10兆円)ほどに急成長しています。

香港の新規株式公開(IPO)市場では最近、インターネット関連銘柄が注目を集めている。

1 2