1. まとめトップ

そうだったのね、慰安婦問題!

いろんな風説入り乱れ、何がなにやらわからん感じの慰安婦問題。天才鳥類フォーゲル教授がこの問題の勘所を、人間の頭でもわかるよう解説したまとめです。

更新日: 2019年02月03日

49 お気に入り 438155 view
お気に入り追加

まずは、テキサス親父が最近また蒸し返した「ミッチナの慰安所」の件からやっつけていこう。

別名、「テキサスの真っ赤なサクラ」。アメリカ人じゃが、日本の右側の連中に都合のよいことしか絶対に言わん。それも米国の立場から味方するんじゃない。この男の口から出るのはすべて、ネット右翼のナショナルヒステリーにひたすら同調しておだて上げるものばかり。どことつながってるかは歴然じゃ。

ネット右翼のアイドル、テキサス親父がビルマでの日本軍慰安婦に関する米軍調書を持ち出し、「慰安婦の待遇が良かった証拠だ」と言い立てる動画。
20年も前から知られる資料なのに、いかにも新発見の決定的証拠のごとく見せびらかす。

@sadd120 これって、かなり以前に言い立てられた「ミッチナの慰安所」の話だよね。それをサクラ親父が、「新しい資料を発見した」かのように蒸し返してるだけ。

ミッチナ慰安所の米軍調書の件って。ずっと前、小林よしのりが慰安婦の生活を極楽のように描く資料に使ったけど、「都合のよい部分だけ引用してる」と批判されてるよね。今度は、テキサス親父。こいつもやっぱり何も知らず、日本の右翼から渡された台本通りにしゃべってるだけ。痛い! 痛すぎるwww

新しい発見かと思った? 残念! みんな知っていたのでしたwww

この資料が発見された1992年当時、三大新聞はどう伝えたか?

報告書によると、当時のビルマに送られた朝鮮人慰安婦は1942年8月の輸送船だけで703人。このうち捕虜となった20人は日本人が経営する慰安所で、週七日間働かされ続けた。
(毎日新聞 1992年1月27日)


一緒に捕虜になった慰安所経営者は尋問に対し、ソウルにあった日本陸軍の朝鮮軍総監部から持ち掛けられて、一人当たり当時の金で300円から1000円の前渡し金で、22人の女性を雇ったと供述した。その際、総監部から全陸軍司令部あての書簡を手渡され、その中で輸送から医療まで一行の便宜を図るよう指示していたという。
(朝日新聞 1992年1月31日)


現地部隊作成の詳細な管理規則が残っていたことにより、上層部から現地部隊まで旧日本軍が一体となって慰安所に深く関与していたことがはっきりした。
(中略)
報告書付表には、在マニラの慰安所に関する警察の検診報告(44年2月)もあり、経営者は利益ばかりを追求、慰安婦の福利厚生には関心を払わないと指摘している。
(読売新聞 1992年2月5日)

米軍≪新資料≫『心理戦尋問報告第二号』ほかに関連して - 1992年当時の新聞を読んでみるhttp://d.hatena.ne.jp/dempax/20070530

どの新聞も、待遇が良かったなんて言ってないし、まして慰安婦が売春婦だった証拠とかトンチンカンな解釈してませんよね。

小林よしのりの漫画で描かれた、ミッチナでのいかにも楽しそうな慰安婦の生活

1942年5月初旬、日本の周旋業者たちが、日本軍によって新たに征服された東南アジア諸地域における「慰安役務」に就く朝鮮人女性を徴集するため、朝鮮に到着した。この「役務」の性格は明示されなかったが、それは病院にいる負傷兵を見舞い、包帯を巻いてやり、そして一般的に言えば、将兵を喜ばせることにかかわる仕事であると考えていた。

これらの周旋業者が用いる誘いの言葉は、多額の金銭と、家族の負債を返済する好機、それに、楽な仕事と新天地-シンガポール-における新生活という将来性であった。このような偽りの説明を信じて、多くの女性が海外勤務に応募し、2、3百円の前渡し金を受け取った。

これらの女性のうちには、「地上で最も古い職業」に以前からかかわっていた者も若干いたが、大部分は買春について無知、無教育であった。
彼女たちが結んだ契約は、家族の借金返済に充てるために前渡しされた金額に応じて6ヵ月から1年にわたり、彼女たちを軍の規則と「慰安所の楼主」のための役務に束縛した。

(吉見義明編『従軍慰安婦資料集』資料99、大月書店)

Early in May of 1942 Japanese agents arrived in Korea for the purpose of enlisting Korean girls for "comfort service" in newly conquered Japanese territories in Southeast Asia. The nature of this "service" was not specified but it was assumed to be work connected with visiting the wounded in hospitals, rolling bandages, and generally making the soldiers happy. The inducement used by these agents was plenty of money, an opportunity to pay off the family debts, easy work, and the prospect of a new life in a new land, Singapore. On the basis of these false representations many girls enlisted for overseas duty and were rewarded with an advance of a few hundred yen.

The majority of the girls were ignorant and uneducated, although a few had been connected with "oldest profession on earth" before. The contract they signed bound them to Army regulations and to war for the "house master " for a period of from six months to a year depending on the family debt for which they were advanced ...

まず、素人娘たちを騙して連れてきたことが明白じゃな。

先生。素人娘を騙して連れてくると、どういうことで問題がありますか?

ボケたこと言うでない。おなじことを今やったら大問題じゃろ。当時でさえ犯罪だったんじゃ。

これは国外移送目的誘拐罪に該当します。また、200-300円程度の前借金を渡していることから、国外移送目的人身売買罪にも該当します。

この米軍の記録では、約700名の朝鮮人女性が騙されて応募し、6ヵ月から1年間、軍の規則と業者のための役務に拘束された、この期間満了後もこの契約は更新された、と記されています。軍を主とし、業者を従とする犯罪だというほかないでしょう。これを強制連行といわなければ何というのでしょうか。

例えば黒人を売り買いしたり、奴隷労働させていたのはいいことなのか、悪いことなのか。誰でも悪い、悪かったと答えられるだろう。

アメ リカ政府は奴隷制についてアフリカのひとたちとアフリカ系アメリカ人に対して謝罪した。アメリカで日系人を戦中に収容所に閉じ込めたのはいいことだったの か、悪いことだったのか。アメリカ人はそれはその時代にあった価値観、あるべきだった価値観に照らして悪いことだった、とはっきり言って当時の被害者であ る日系人に謝罪したのである。

当時の倫理観の上に当時の国際法があり、そして、当時の「婦女売買禁止条約」があり、当時の「強制労働禁止条約」があった。「従軍慰安婦」制度はそれらに違反していたわけだ。性奴隷制度だからな。国連は、現在の法律や倫理観を遡及させて不当だと言っているわけではない。右翼はデマを撒いているが。

日本軍「慰安所」制度というのは、「民間の人身売買ネットワークを軍が公式に兵站付属施設に取り込んで利用し、内務省や外務省もそれに協力した」ということであって、当時においても表沙汰になれば大スキャンダルであることは軍自身がよく承知していました。

ネット右翼さんは、「それは業者のしたことで日本軍に責任はない」って決まり文句で応じますよね。

たとえば。原爆の製造を委託されたのは民間のGE社だったので、それを広島、長崎に投下した米軍や合衆国政府に責任はないことになるか? より身近な例で言うなら、沖縄集団自決は軍命令で強制したわけでないから皇軍は無実と済まし込めるか? 人としてのモラルがどうかしてしまっておる。

と、トリが申しとりました。

1 2 3 4 5 ... 15 16