1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

当職は、川谷絵音氏の元妻であるA子さん(本人の希望で名前は伏せさせて頂きます。)の代理人弁護士ですが、A子さんを代理して皆様にA子さんの心境につきご説明させて頂くことで、今回の騒動の終焉とさせて頂きたいと願っております。 明日発売になる週刊文春の記事については、記載されている内容のほとんどは事実と違うものではありません。「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の番組を見て、A子さんが衝撃を受けたのは事実です。 週刊文春の記事にあるように、5月2日にベッキーさんから謝罪の言葉を受けた後、A子さんはこれで全てを水に流し、今回の騒動を終わりにしましょうとベッキーさんに伝えた事実です。A子さんの気持ちは、謝罪を受け終わって部屋を出る際に、A子さんがベッキーさんに掛けた一言が全てを物語っていると思います。

A子さんはベッキーさんに、「これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張って下さいね」と言って部屋を出ました。帰りのタクシーの中で「先生、ベッキーさんに言った言葉、私の本心なんですよ」と彼女は話していました。 週刊文春の記事で、一点だけ事実と違う記載があります。それはA子さんが「弁護士と相談の上で、ベッキーさんの自分への謝罪と仕事復帰へのタイミングのズレへの違和感と、放送の内容について、サンミュージックに抗議の書面を送ったという。」との週刊文春の記載の部分です。

ベッキーが18日の「世界の果てまでイッテQ!」で新企画に挑戦した
ひとりオーケストラに挑戦して弦楽器や打楽器などを1人で演奏したベッキー
映像が流れると「もうやめて」と何度も叫び、完成度の低さに落胆したという

ベッキーは「アゴがはずれました」という最初の投稿から数分、「もうなおりました」とあごがもとに戻ったとツイート。

 続けて「『アゴがはずれました。』ってその場にいる方々に報告するときはずかしいですよね。最初、はずれてない風に過ごすけど、あきらかにおかしいから。つかまる前に、自首」と、周囲にあごが外れたことを告白する恥ずかしさを綴った。

タレントのベッキー(30)が、お笑いコンビ『ウーマンラッシュアワー』の村本大輔(33)と密会し、高級鞄をプレゼントしたとフライデーが報じている。

 9月上旬、東京・青山にあるセレクトショップに入店したベッキー。20分ほど店内を物色すると、イギリスの高級ブランド『グローブ・トロッター』のキャリーバッグを購入した。お値段、なんと17万円。

 店を出たベッキーは、近くに停めていた車に戻ると、今度は人気のない路地へと車を動かす。そこにタイミングを合わせたように現れたのが、村本だったのだ。

「EXILE」のMAKIDAIこと眞木大輔(37)主演の深夜ドラマ「町医者ジャンボ!!」(日本テレビ系)が、最近にわかに話題となっている。視聴率も大健闘中だ。ただ、もてはやされる理由がそのイケメンぶりではなく、眞木の“大根演技”というからビックリ。思わぬ誤算に日テレ上層部も大喜びで、続編制作の声も上がっている。

「なぜか見てしまうんですよね。あの中毒性はヤバイですよ!」。そう語るのは他局のドラマ関係者だ。

 今夏クールのドラマは、堺雅人(39)主演のTBS系「半沢直樹」が平均24・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と断トツの高視聴率を記録し、完全な独り勝ち状態。一方、深夜枠で大健闘しているのが眞木の連ドラ初主演作「町医者ジャンボ!!」だ。

1