1. まとめトップ

2016年、夏メイクはこうするだけ!キレイ・カワイイを手に入れよう♡【メイク・ガールズ】

2015年夏メイク、最新流行メイクはこうするだけ!キレイを手に入れよう♡アイメイク、視線の集まる!「ハーフ顔独特の“おしゃれ美人”なバランスは、今最も旬な顔の一つ」コスメ・メイクアップ と特集します。

更新日: 2016年05月23日

semiconさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6816 お気に入り 4089862 view
お気に入り追加

何だか色っぽいのは、 「ジューシー カラー」メイクだから!

ジューシーカラーの定番としてハズせないピンク。鮮やかな色味でジューシー感をストレートに演出するのもいいですが、グロスが完全復活した今夏なら、色より濃厚なツヤでジューシー感を演出するのもおすすめです。

グロスは、チップの先端を使ってオーバーリップ気味に輪郭をとったら、その中を埋めるようにチップの面を使って唇全体にたっぷり塗ります。

ジューシーカラーの中でも、ミントグリーンは、日差したっぷりの暑い日にぴったり! 寒色ならではの清涼感は、目元を涼しげに見せてくれると同時に、透明感も演出してくれます。今っぽくなら、目尻にライン感覚でスーッと引くのがおすすめ。

主役のミントグリーンは、“広く淡く”よりも、“ピンポイント”にライン風に効かせるのがポイント。パレットの右下の色を細チップにとり、黒目の外側から目尻にかけてやや長めに、ライン風にオン。さらに右上のオレンジを下まぶたの目尻1/3に入れて完成です。

夏、BB&CC時代の くずれない美肌作り

くずれたくないけれど、きちんと感も欲しい! そんなときにぴったりなのが、程よくカバー力のあるBBクリーム。少量を顔の高い所中心にメリハリをつけて塗ることで、BBにありがちな塗りすぎのっぺり化を防止。さらにテクスチャーが近い柔らかめのコンシーラーを気になる所に重ねれば、ナチュラルなのにきちんと感もある上品セミマット肌の完成です。

A. 100%自然由来でフレッシュなつけ心地。パルファン・クリスチャン・ディオールディオールスキン ヌード BB 002[SPF25・PA++] ¥5,700 B. 細い筆、柔らかいテクスチャーで肌の欠点を確実にカバー。M・A・C ミネラライズ コンシーラーNC20 ¥2,800

夏色メイクを下まぶたに♪おしゃれ!

右下のブラウンをチップにとり、目尻から目頭まで色をのせます。その後、全体をチップで軽くぼかして、肌なじみを高めて。

薄く影を入れる感覚で下まぶた全体にブラウンを入れると、白目の存在が引き立ち、目元のフレームがくっきり。また、やわらかな質感のパウダーアイシャドウを使うことで、ハードになりがちな囲み目もここまで上品に。

2015夏、大好きベージュメークが進化

マットな質感は人気急上昇中! 抜け感が出ておしゃれな雰囲気に見えるので、ぜひ取り入れたいところ。マットゆえさりげなく骨格に溶け込むので、目元の陰影感もくっきり際立ち、デカ目感もばっちり。ただし“盛り感”が出ると古くさく見えるので、使うのは2色で充分です!

チーク、横長に入れて、大人っぽさをプラス♡
チークブラシにとり、やや内側の位置から頬骨に沿って横長にオン。丸く入れないことで幼さを回避しつつ、程よいフェミニン感もキープ。

色より光感!
B-aをアイホールにのせ、その半分にB-bを重ねます。ヌーディな目元がぼやけないようDのグレーのアイライナーを目尻長めに入れ、ソフトに引き締めて。

とろけるような質感がポイント
事前にリップバームなどでたっぷり保湿し、グラマラスなぷっくり感を出すための仕込みを。ルージュはリップブラシでなじませ、鮮やかに発色させて。

新しい私に出会う! アイシャドウ×リップの新鮮配色!

“かわいい人”と思われたい日は、シルバーホワイトのラメライナーを下まぶたへオン。点でおくことで眼差しに涙ぐんだような潤いと繊細さが生まれ、男心を翻弄できます!

目元は2のパレットのゴールドシャドウをアイホールに.
ブラウンを上目尻の際に入れたら、パープルを下まぶたの目尻1/3に広めに入れます。チークは同じ2のパレットのピンクを頬の内側めに、オレンジを少し外側に重ねるようにオン。リップは3のピンクを全体的に塗ったら、輪郭を軽くなじませて完成

普段、ピンクやベージュのリップに慣れているせいか、インパクトのある赤に抵抗がある……という人は透け感のあるグロスからトライするのも手。さりげなく血色感が生まれ、キャンディーみたいなジューシーなツヤも相まって、顔だちがグッとかわいらしく。白肌も引き立つので、甘いムードが高まります。

目尻までは超極細に、延長部分だけやや太めに引くのが、ポイント。目力は高まるのにクールになりすぎず、こなれた雰囲気の女性へ!

もしかして、コントロールカラーを忘れてる?

「淡ベージュ」はイレース機能でアラや欠点をカバー、肌の透明感を出しキメの整った潤い肌に仕立てる、肌を底上げするアイテムです。これでカバーした後、「光ピンク」を部分的にのせると、ピンクが血色感を、パールがハイライト効果と、絵梨佳肌のような透け感を演出します。

「そんなときは、色よりも輝きを利用すると、目元のフェロモン度がグッと高まります」「パール粒子が細かく、肌なじみのいいゴールドを選ぶのが上品に仕上げる秘訣です」

アイホールと下まぶたの目尻側2/3にゴールドのアイシャドウをのせ、上まぶた全体と下まぶたの目尻側2/3の目の際を3のラインで引き締めます。下まぶたの目頭側1/3は何ものせずに、ヌケ感を。

艶やかなピンクバイオレットのリップは、じか塗りで使用。

シアーで透けるような発色のものを選ぶのが新鮮! アイシャドウはパーリィでより薄づきのものを、リップはこっくり質感ながらもヌーディなベージュで。

まぶたに吸いつくようになじみながら、繊細な輝きで奥行きのある目元に。ギラギラしすぎず程よいパール感。カネボウ化粧品 ルナソル ベルベットフルアイズ 03 ¥5,250

アイホール全体にライトベージュ(右上)を、上まぶた際の目尻1/2にブラウン(右下)を。下まぶた際は目尻3/4にベージュ(左下)を。上下まぶたともに目頭に抜けを作って軽やかに。

1 2 3





semiconさん

メイクや美容を中心にまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう