1. まとめトップ

髪様シャンプーのやり方を覚えて薄毛の悩みを解消しましょ!

髪様シャンプーのやり方がテレビで取り上げられて一気に注目を浴びました。女性にもいいらしい「髪様シャンプー」。やり方や理論をまとめてみました。なぜか海の生き物が登場するんですよね ^^;

更新日: 2016年07月18日

rider_sentaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
348 お気に入り 301164 view
お気に入り追加

髪様シャンプーのやり方

髪の毛を洗うのではなく「頭皮」をマッサージする事が極意。

新しく生まれてくる髪の毛の赤ちゃん「新生毛」を抜いてしまっているのが、薄毛の要因のひとつ。
「新生毛」を抜かないようなシャンプーを行えば薄毛予防に効果的です。

全国理容連合会名誉講師で髪様シャンプーの考案者

薄毛で悩んでいる方の髪の毛を再生に導く板羽さんは「育毛の髪様」とも呼ばれている。

自身は御年68歳でこのふさふさ髪の毛!

動画で詳しく説明されています

髪の毛が抜けてしまう原因は頭皮の硬化

柔らかく良く動く頭皮が薄毛になりにくい理想の頭皮で、反対に頭皮が硬く動きにくい人は黄色信号。
頭皮の血流をよくすることが薄毛対策に効果。

柔らかい頭皮と硬い頭皮の決定的な違いは血管にある。

髪の毛を洗うのではなく頭皮を動かして洗うのがコツ

シャンプーする時に、指の腹や爪を使ってゴシゴシとあらうのはNG
髪の毛を痛めつけ新生毛を抜いてしまう原因となっています。

コツは頭皮に指の腹をくっつけたまま、頭皮を動かす事でシャンプーします。
頭皮が動くだけなので新生毛に与えるダメージが極力減らせます。

髪様シャンプーを行う時の手の組み方

おでこから薄くなってきた方には「カニの組み手」

カニの組み手のやり方は両手の人差し指と親指を使い、額から頭頂部へ一歩一歩つまみ上げるように揉んでいく。こすらないでくっつけて揉んであげる感じで行う。

頭皮の血行を促進させるなら「エイの組み手」

エイのツボの部分に当たる2本の親指を使ってマッサージをする。特にマッサージしたいのが首筋にある天柱というツボ。この天柱というツボをゆっくり刺激することで頭皮の血行が促進される。また親指の付け根の肉厚な部分でじんわりと押し上げるのも頭皮を柔らかくするのに効果的。

頭皮を柔らかくする究極の「イソギンチャクの組み手」

頭皮を柔らかくするのにマッサージの究極の切り札がイソギンチャクの組み手。
両手の10本の指先を全て頭にピッタリと当て、小刻みに頭皮を引き上げていく。全体を刺激できるのでどんな人にも効果的。
手の形はこんな感じです。

生え際を刺激するなら「サザエの組み手」

両手をぐーにして、親指の関節のとんがったところで髪の生え際あたりを全体的に刺激する

M字ハゲが気になる方は「イカの組み手」

三本の指をくっつけた状態で、左右生え際のM字ハゲの部分を両方ともマッサージします。

1





rider_sentaiさん