1. まとめトップ

アパートとマンションの違い

アパートとマンションはなにが違うのか?

更新日: 2013年12月09日

stnpさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 4854 view
お気に入り追加

マンションとアパートの違い

定義や法としての明確な線引き、区別はありません。

木造か鉄骨構造ならアパート、鉄筋コンクリート構造ならマンションとされることが多いのが違いです。
木造という構造上アパートは平屋か2階建てで建築されているものが多く、マンションは鉄筋などを利用して高層建築をされているものが多いです。
最終的な判断としてその不動産屋の基準に従って思ったように表示しているのが現状です。


一応の一般的考えとしては

鉄骨建築
鉄筋コンクリート建築
鉄骨鉄筋コンクリート建築

以上の構造で作られた建造物が、一応マンションと呼ばれて考えられています。


分譲マンションなどに多い「鉄筋コンクリート造」や「重量鉄骨造」といわれているものが「マンション」
それ以外の「木造」「軽量鉄骨造」「ツーバイフォー」「プレハブ」といわれるものが「アパート」と一般的に理解されています。

「ハイツ」「コーポ」「メゾン」などは、構造の種類を示すものではなく、あくまでも「名称の一部」として使われる場合が多いようです。

アパート(apart)

建物の内部を複数に区切り、それぞれを独立した住居として居住者に賃貸する集合住宅。英語「アパートメント(apartment)」を元にした和製英語。

同種の共同住宅のうち、比較的大規模・豪華なものは「マンション」と称されることが多い。


■ アパートとは?
・ 木造や軽量鉄骨造の準耐火構造
・ 2階建てが多い
・ 構造上、高層住宅はできない
・ 建築費が安く建てられるので賃料は安め
・ エレベータなし、管理人もいない場合が多く管理費が安い


現代風の棟割り長屋。普通、管理人が居る。
欧米でいうアパートメントハウスは日本で言う貸間に近い。
マンションよりは安価な構築材で建設された集合住宅。

マンション(和製英語:Mansion)(またはapartment house)

日本語ではアパートよりも大型の共同住宅(集合住宅)を表す一般名詞として使われている。ただし、語源である英語では、(例えばビル・ゲイツの私邸のような)豪邸などの意味で用いられることが多く、共同住宅の意味はほとんどない。英語ではCondominiumが相当するが、地域によっては「コンドミニアム」は比較的低層の集合住宅を意味することがあり、「高層集合住宅」の意味では賃貸・分譲を問わず「アパートメント」「アパルトマン(フランス語発音)」 (Apartments) が一般的な場合もある。

■ マンションとは?
・ 鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造
・ 高層住宅も建てられる
・ 遮音性が高い
・ 高級感がある
・ 建築費もかかるので、賃料はアパートより高い
・ エレベータがついていたり管理人がいる場合も多く管理費が高い


和製英語では、集合住宅/共同住宅の意味に当たる。
正しくは「区分所有建物」と呼ぶ。原義:mansion は「大邸宅」の意。

なお建築基準法においては、マンションは共同住宅にあたり、耐火性能や定期検査など義務付けられる特殊建築物である。

1





オンラインゲームに関係するサイトなどをまとめるのが好きな人。
どうでもいいけど、家庭用ゲームも大好き。
フリーゲームも大好き。

それ以外にも攻略情報とか使って便利なサイトも大好きです。