1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

在特会・桜井誠氏が語る京都裁判 - JAPANISM
在日特権を許さない市民の会会長 桜井誠聞き手◉ 作家・ジャーナリスト 西村幸祐判決をマスメディアがミスリード――10月7日に京都地裁で、在特会に対し学校法人京都朝鮮学園が起こした訴訟の判決が出ました。結果、在特会側に1226万円の支払いと、学校周辺での街宣活動の禁止が命じられました。あれだけ大きな話題になって、メディアにも随分取り上げられたにも関わらず、桜井さんには取材が来ていないそうですが、まず

通名」の存在を挙げ、これにより犯罪歴などを消すことができる、などと説明、 「在特会には在特会の意義はあったと思うんですね」 と締めくくった。 他の出演者からも、 「反対側の『レイシストをしばき隊』とかいうのがあって、(在特会と)同等かあるいはそれ以上に強烈な連中。 そっちが報道されていないのが問題」(井上和彦さん) 「これをとやかく言うなら、日本大使館の前の慰安婦像、あれの方がえげつないと思う」(桂ざこばさん) といった発言が続々と上がる。総じて、言い方はとにかく主張は理解できる、韓国も同じようなものだ、という論調だ。 竹田さんが言及した「特権」問題は、そもそもこうした特権が存在するかどうかが議論の対象とされる問題だ。 またその名の通り、在特会が掲げる根本的なテーゼの1つと言っていい。 直後から、ツイッターなどで在特会などに批判的なユーザーらから反発が相次ぎ、 放送倫理・番組向上機構(BPO)に訴えよう、という声も盛り上がった。 一方でこうした声を「在日の圧力」などと決め付ける人々も出るなど、その是非が一気に問題化した。 21日には

1