1. まとめトップ

一眼レフで望遠レンズを使いこなす!前編

写真はフィルムからデジタルへ・・・誰でも気軽に楽しめるものになりました。一眼レフユーザーも増加の一途、プロ顔負けの写真をとるアマチュア写真家が世の中にあふれてます。でも・・・本当にわかってますかカメラの使い方?プロカメラマンが本当に使えるカメラの使い方をまとめます。

更新日: 2016年01月25日

ぷむぷむさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 143417 view
お気に入り追加

望遠レンズの特性ってなんでしょう?

いきなりですが問題です!
望遠レンズを使いこなす上で知っておくべき重要な特性はなんでしょう?

「望遠レンズは遠くの物をアップに撮れる!」

っと思った方は正解ですが30点です。

その特性は誰でも気づく当たり前の特性・・・
もっと意識すべき重要な特性のお話をしたいと思います。


望遠レンズの特性は
・遠くの物をアップに撮れる
・写る画角が狭いので背景をシンプルにできる
・被写界深度が浅くなるのでボケやすい
・近くの物と遠くの物の距離を圧縮できる
の4点です。


望遠レンズを手にしたら
1番目の特性を使えるのは当たり前、
2、3番目を使い出したら一歩進歩、
4番目を意識できたらもうカメラ初級者卒業です。

人物のポートレートを撮る時はよく望遠レンズを使いますが、
これは2、3番目の特性を利用するためです。

背景をシンプルにし、ぼかすことで写真の主役を引き立たせる

望遠レンズは
「背景をシンプルにし、ぼかすことで写真の主役を引き立たせる」
ことができるのです。

ライオンさんが同じぐらいの大きさになるように、
上は広角レンズ(24mm)、
下は望遠レンズ(120mm)、
絞りは両方ともF4で撮影しました。

広角レンズ(上)では背景に建物と道路がごちゃっと写り込んできています。
しかし望遠レンズ(下)を使うと背景には道路部分しか入りません。
そして車のライトがいい具合にぼけてキラキラになりました。

これが2、3番目の特性
・写る画角が狭いので背景をシンプルにできる
・被写界深度が浅くなるのでボケやすい
ということです。


このように望遠レンズは
「背景をシンプルにしてぼかすことで主役を引き立てる」
ことができるのです。


とうわけで人物のポートレートを撮るときや
背景をぼかして撮りたいときは
望遠レンズを使ってみましょう。

望遠レンズは被写体との距離をとってからカメラを構えよう

また望遠レンズを使う際の注意なのですが、
望遠レンズを使うときは被写体と距離をとってからカメラを構えましょう。

望遠レンズは被写体とある程度遠くなければ使えません。
被写体と近い距離で望遠レンズを使おうとしても、
被写体が近すぎてピントが合わなかったり、
被写体が画面の中に入りきらなかったりします。
望遠レンズはきっちり被写体との距離をとってカメラを構えないといけません。

たとえば70-200mmのレンズを使って人物のポートレートを撮るときは
たまたま自分が立っていた位置でなんとなくカメラを構え、
テキトーにレンズのズームリングをまわして100mmくらいで撮ったのでは、
70-200mmのレンズを構えた意味が半減してしまいます。

きちんとレンズの望遠側200mmが使るくらい
被写体との距離をとってからカメラを構えてください。
そうすることでより背景をよりぼかすことができます。

簡単そうでいて意外とできないのがこの距離をとるという行動です。
普通の人は大抵めんどくさがり屋なんでズームのついた望遠レンズだと
つい、たまたま自分が立っていた場所から、
テキトーにズームリングをまわして撮りたくなっちゃうんです。

でもそれではいつまでたっても写真は上達しません。
被写体や表現したい内容によって適切なレンズがあり、
そしてそのレンズを使うのに適切な距離があります。
きちんとレンズと距離を自ら選べるようにならないといけません。

ちょっと説教じみてきてしました・・・すみません。


というわけで、
せっかく一眼レフと望遠レンズを手に入れたならば、
「背景をシンプルにしてぼかすことで主役を引き立てる」
は絶対に知っておきたい特性と使い方です。
是非とも挑戦してみてくださいね。



「一眼レフで望遠レンズを使いこなす!後編」では
前編よりもより重要な4番目の特性
・近くの物と遠くの物の距離を圧縮できる
についてお話しします。

1





もぐりのカメラマン。夜景、水中、風景、動物、比較名合成、微速度撮影
https://twitter.com/photo_pumpum http://ameblo.jp/kitsunesan-m/