第1順位
 死亡した人の子供
 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。

第2順位
 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
 父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。
 第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

第3順位
 死亡した人の兄弟姉妹
 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。
 第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になります。

(出典:国税庁「相続人の範囲と法定相続分)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

相続税の節税対策 5つのポイントと参考書籍まとめ

消費税率8%への引き上げに続く税制の大改革として注目される「相続税」の増税。その節税対策のノウハウと、おススメの相続対策書籍をまとめました。身の回りに高額の財産をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひシェアをお願いします!

このまとめを見る