1. まとめトップ
  2. ガールズ

肌寒い時にお役立ち!女子力UPのストールの巻き方10パターン

今着ている服だけだと、ちょっと肌寒い・・・そんな時にも大活躍なストール!でも、ついつい羽織るか、首にひと巻きだけになりがち。そんなストールの色々な巻き方をまとめてみました。普段着ている洋服の印象もガラリと変わりますよ!!

更新日: 2018年10月30日

4706 お気に入り 1425912 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

marinkorinさん

ショルダードレープ

基本中の基本の巻き方です。

ちょっと手は動かしづらいですが
温かさはバツグン!
簡単にできるのもいいですね。

1、左右2:1になるよう肩にかける。
2、長いほうをもう一方の肩にかける。
3、形を整える。

フロントノット&サイドノット

オトナの定番
「フロントノット」という巻き方です。

首元に巻きつけるので
オシャレであり暖かさもあるという
一石二鳥の巻き方!

①首にかけ、1回巻きます。
②さらに両端のストールを、1回結びます。
③首まわりの輪と、2の結び目がくっつくように整えたら、フロントノットの完成です。

この結び目をサイドにずらすと
「サイドノット」
という巻き方になります。

シンプルノット

スマートでマニッシュな印象の巻き方です。
シャツやジャケットとも好相性なので
ビジネスシーンでも活躍します。

縦長のIラインができ
着やせ効果にも期待ができます!

①ストールを首からかけ、一方を長めに垂らします。
②長い方をひと結びして、コブをつくります。その際、結び目は緩く結ぶのがポイントです。コブは胸の高さに来るように位置を調節しましょう。コブをつくった方とは逆の端をコブの上から中へと通します。
③ 両端の長さを整えれば完成です。

アフガン巻き

エレガントな雰囲気を演出。
上品なスタイリングが簡単につくれます。

カジュアルな素材で巻くと
雰囲気がガラリと変わるのも面白いです。

ストールを対角線に折って三角形を作ります。
三角形の底辺部分を折り返します。
体の前で三角形部分がゆったり大きめになるように、両端を首の後ろに持っていきます。
両端を首の後ろで交差させ、そのまま体の前へ垂らします。
両端を首の前で結びます。
結び目を三角形部分の下に隠します。形を整えて完成。

カジュアルな素材で巻くと
こんな感じになります。

フェミニン巻き

フェミニンでありつつも
スタイリッシュな印象を与える
巻き方です。

1.斜め半分に折って、折り目が背後にくるように肩に掛けます。
2.左右の先端をひと結びします。
3.肩が少し圧迫されるくらい、両端を引っ張ります。
4.両端を固結びして、ストールを右に90度回転させます。右の片方の先端を前に、もう片方を後ろに持ってきて、出来上がり。

ケープ巻き

肩を隠すふんわりとした
シルエットの巻き方です。

旅先など、ワードローブが少ないときに、
羽織もの感覚で使えるので便利です。

ストールを広げて、肩からざっくり羽織ります。
内側の両先端を持ち、体の正面で片結びします。
ストール全体で八の字を作るようにひねり、輪を作ります。
輪に頭を入れるようにかぶります。
洋服とのバランスを見ながら、形を整えれば完成です。

ひと結び

大判ストールの
一番簡単な羽織り方です。

大判ストールは
肌寒い春や秋の防寒にもおすすめ!

ストールを広げて肩にかけます。
左右のストールを、真ん中で交差させます。
そのままひと結びしたら完成。

ボリューム巻き

首回りをかんたんに
ボリュームUPできる巻き方です。

小顔効果もあり!?

まずはストールを長く折りたたんで、両端がほぼ同じ長さになるように首回りに2重に巻きます。
両端を輪の中に下からくぐらせて表へ出します。
その両端を、2周目のストールの下に入れ込み、押さえます。
ふんわり形を整えれば、顔回りだけボリュームアップできる巻き方が完成!

ベルトアレンジ

ベルトを使えば
さらにアレンジの幅が広がります。

カーディガンやジャケットなど
いつもの羽織りものにマンネリ気分の方は
ぜひ試してください。

ワンピースやスカートとも合い
洗練された雰囲気になります!

まずは完成時に衿となる部分を作ります。ストールの縁を5cm程織り込み、折り返しをつくります。
折り返した部分が表面にくるように、肩から広げてかけます。ウエスト部分をベルトで留めれば完成。とっても簡単ですよ。

1