1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

堀北真希主演で舞台化、即位期間たった9日のイギリス女王がいた

女優の堀北真希さんが、イギリス史上最も美しく、最も聡明と言われる悲劇の女王ジェーン・グレイの物語を舞台化した『9days Queen ~九日間の女王~』に出演。日本ではあまり知られていない即位期間たった9日という悲劇の英女王について堀北さんの舞台とともにまとめました。

更新日: 2013年10月28日

160 お気に入り 143874 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・堀北真希さんがイギリス女王を描いた舞台に主演

人気女優の堀北真希さんがイギリス女王を演じる

女優の堀北真希(25)が来年2月から東京・赤坂ACTシアターで上演される「9 days Queen ~九日間の女王」で3年ぶりに舞台主演

堀北が演じるのは、イギリスで1553年に王位につき、在位期間がわずか9日間だけだったということから 「9days Queen」と呼ばれている女王、ジェーン・グレイ

堀北は「運命に翻弄されるジェーン。彼女を通じて何を皆さんに伝えられるか稽古を通してじっくり考えたいと思います」と意気込み

・堀北さんが演じるイギリス女王・ジェーン・グレイとは?

悲劇の英女王とされるジェーン・グレイ

ジェーン・グレイは日本ではほとんど知られていない、16世紀イギリスの女王様

ジェーン・グレイ(Lady Jane Grey、1537年10月12日? - 1554年2月12日)は、イングランドのテューダー朝第4代の女王

英国ではジェーン.グレイの存在は大きく、本や映画、絵などでよく取り上げられています

・聡明な美少女としても知られるジェーン・グレイ

聡明な美少女だったとされるジェーン.グレイ

ジェーンは、10歳の頃には、ギリシア語を含む欧州主要国の言語をほぼマスターし、ラテン語すら習得。宗教哲学にも通じた秀才少女

ギリシャ語が堪能で、ラテン語で聖書を読むイギリス最高の才女は、同時にイギリスきっての美少女

その美しさ賢さは、同世代の従姉妹エリザベス(後のエリザべス一世)と張ったとも言います

・ジェーン・グレイが女王になった経緯

ヘンリー8世の系譜にあることから女王となったジェーン・グレイ

レディ・ジェーンは、英国きっての暴君として知られるヘンリー8世の妹メアリー・チューダーの孫

母方の祖母がヘンリー8世の妹メアリー・テューダーだったため、彼女はヘンリー7世の曾孫に当たる。これが王位継承権の根拠となった

1547年ヘンリー8世の没後、息子である9歳のエドワード6世が即位するが、 病弱であったため1553年7月6日、15歳で死の床に就く

その後継者に指名されていたジェーンは、1553年7月10日、わずか十六歳で王位を継承することに

・そのジェーン・グレイ即位の裏には策略が

ジェーンの即位の裏にはるノーサンバランド公の陰謀が

時の権力者、エドワード六世の側近として権力を握るノーサンバランド公ジョン・ダドリー

ダドリーは、17歳の自分の息子ギルフォードと、15歳のジェーン・グレイを結婚させる

彼は密かに、臨終の床にあるエドワード6世に、後継者としてジェーンを指名する 遺言状を書かせた

ノーサンバランド公の最終目的は、ジェーンとギルフォードの息子を王位につけることにあったという

正式には弟王亡き後は、長女メアリー王女が着くはずでした。しかし、ジェーンの義父ノーサンバランド公爵は政敵を処刑し、強引に嫁を女王にしてしまった

1 2