セネストパチーは、1907年にフランス人により世界で初めて報告されました。日本では1942年に訳され、紹介され、1959年に慶応義塾大学の研究者が「慢性体感幻覚症の報告」という研究論文を発表してから、専門家の間で知られるようになった

出典口腔内セネストパチー 横浜・中川駅前歯科

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

口の中にしゃもじが入っているなどの違和感をもたらす謎の疾患とは

口の中にしゃもじがある感じがしたり、腕や足にムカデが這いまわっているような感覚がしたりする症状をセネストパチーといいます。原因は不明とされており、今後研究が進んで解明されるかもしれませんが、今のところ厚労省の研究対象にもなっていないということです。

このまとめを見る