治療法は確立されていないようです

現段階では治療法は確立しておらず、厚労省の方でも難病認定もなく、研究も始まっていないということです。

この情報が含まれているまとめはこちら

口の中にしゃもじが入っているなどの違和感をもたらす謎の疾患とは

口の中にしゃもじがある感じがしたり、腕や足にムカデが這いまわっているような感覚がしたりする症状をセネストパチーといいます。原因は不明とされており、今後研究が進んで解明されるかもしれませんが、今のところ厚労省の研究対象にもなっていないということです。

このまとめを見る