心身症の一つであるそうである。神経回路の混線とも説明を受けた。エラーが発生し、間違った信号を、末梢神経に送ってしまうらしい。丁度、幻視痛のようなものだそうだ。

出典セネストパチーを語る (憎悪の原因 一番の薬 治療 私の場合)|「医療」とは何なのか 「医師」とはどうあるべきかの「問いかけ」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

口の中にしゃもじが入っているなどの違和感をもたらす謎の疾患とは

口の中にしゃもじがある感じがしたり、腕や足にムカデが這いまわっているような感覚がしたりする症状をセネストパチーといいます。原因は不明とされており、今後研究が進んで解明されるかもしれませんが、今のところ厚労省の研究対象にもなっていないということです。

このまとめを見る