軽い場合は「皮膚の下に虫がいて、ムズムズ動いて気持ちが悪い」などと訴える人も多く、そういう場合には「皮膚寄生虫症妄想」と呼ばれる

出典体感異常(セネストパチー)について

むずむず足症候群ともいわれています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

口の中にしゃもじが入っているなどの違和感をもたらす謎の疾患とは

口の中にしゃもじがある感じがしたり、腕や足にムカデが這いまわっているような感覚がしたりする症状をセネストパチーといいます。原因は不明とされており、今後研究が進んで解明されるかもしれませんが、今のところ厚労省の研究対象にもなっていないということです。

このまとめを見る