1. まとめトップ

【これは便利】インターネット検索の基本+応用テクニック

身近過ぎて、当たり前過ぎるようになった【ネット】。調べたいことを検索すればパッとページが表示される・・・今や当たり前の光景です。しかしこのネット検索も、きちんと検索できていなければ全然目的の情報が載ったページに辿り着けないことがあります。ネット初心者も、玄人も今一度検索について復習してみませんか?

更新日: 2013年10月25日

2 お気に入り 5096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

junkichi-さん

インターネット検索の基本

・調べたいことに関して複数の単語を入力

うちの子は左利き、直したほうがいいの?みんなはどうしているの?「左利き」で検索すると。9万6500件も見つかった。でも、左利きの有名人とか左利きの人の日記とかもいっぱい混ざっていて、 知りたい情報が見つけにくい。「左利き」に「矯正」「子供」をプラスして検索すると。検索結果は、1500件に絞り込まれた。今度は内容も左利きの矯正に 関わるものが多く、満足のいく結果が得られた。

・具体的に単語を入力する

検索語句をたくさん打つことが面倒くさいのか、僕の【靴擦れを対策する】という記事に【靴擦れ】で検索して着てくださる人をみかけますが、「靴擦れを事前に防ぐ対策をしたい」のか「靴擦れができた足を治したい」のかよくわかりません。この場合【靴擦れ 対策】あるいは【靴擦れ 治す方法】で検索すれば目的のページが一発で出るようになります。

他にも【今日は疲れた】とまるで話しかけているかのように検索して僕の記事に到着する人もいます(笑)本人はボケているつもりはないでしょうが、「フフッ」とこっちが笑ってしまいます。
せめて【疲れやすい 原因】【疲れが出る 季節】と具体的に検索してほしいところです。

・複数の単語で調べるには【スペース】が必要か?

【AND検索】
複数のキーワードで検索すると、より詳細な検索ができます。この場合は、それぞれのキーワードの間にスペースを入力してください。複数の単語をスペースで区切って入力した場合には、入力したすべてのキーワードを含むページが結果に表示されます(AND検索)。

まずは試しに【車 異音 エンジン】とスペースで単語を分けて検索し、検索結果を表示させました。(Google検索使用)一部結果を除き、すべての単語が表示されているページが出てきます。

次に【車異音エンジン】と単語をくっつけて検索し、検索結果を表示させました。(Google検索使用)【車】という単語が少ししか表示されていません。

・単語の意味を調べたい時

(例)キーワードとは
(例)キーワード 意味
辞書の検索サイトで検索する

この場合【キーワード】という言葉の意味を調べています。【とは】や【意味】が抜けていると全く違う検索結果になるので覚えておきたいところです。
また由来を調べたい時は【由来】や【語源】をくっつけておきましょう。

・違いを調べる時

例えば出世魚で知られる【ブリ】ですが、ハマチとブリは同じ魚です。ハマチが大きくなるとブリになるのですが、違いが分からない場合・同じ魚なのか調べたい場合は下記のように調べます。また同じ魚だけど何か違う点があるのか?という疑問があるときにも使えます。

【違い】という単語を一緒に入力します。メジャーな物事ほど、検索結果の1番目に表示されます。

・製品等【比較】したいものがある時

例えばデジカメで比較したい製品がある場合【デジカメ カシオ ソニー 比較】と検索すれば、カシオ製デジカメの特徴 ソニー製デジカメの特徴が分かるだけで無く、○○という機能はどちらが優れているのかを調べることができたりします。具体的な機能の名前や特徴が分からない場合でも比較と検索すれば出てくるところが嬉しいです。また、以下のようなテクニックも使えます。

(例)キーワード 比較

この方法は1つキーワードとなる単語がわかっていれば、比べるものがわからない場合でも、類似商品を知ることができる小手先のテクニックです。

インターネット検索の応用

・入力した単語の【いずれか】を調べたい時(OR検索)

分かりやすいように【寿司】or(OR)【洗濯】と全然関係のない単語でOR検索してみたところ、寿司は寿司、洗濯は洗濯で綺麗に分かれて表示されています。

・検索したくない語句は【-】マイナスをつける(NOT検索)

例えばパスタについて、カルボナーラは嫌いなので検索結果に表示させたくない場合は【NOT検索】をつかいます。例えば【パスタ -カルボナーラ】といった具合にパスタのあとにスペース、さらにカルボナーラの前に半角の【-】(ハイフン)を入力します。

見事にカルボナーラが消えました!これでカルボナーラともおさらばです!

・時間や年月日を条件に追加する

2010年の情報がほしいのなら2010とキーワードを追加します。ブログやニュースサイトは投稿された日付が文字列として入ります。この手法は過去の情報をあさるときにも使えます。

1 2