1. まとめトップ

薄熙来の真実?習近平の思惑通りに動いた司法と中国共産党。薄熙来は悪か?

薄熙来の真実?習近平の思惑通りに動いた司法と中国共産党。早くも躓く「中国次期皇帝」習近平/ 失脚した幼なじみ 薄 熙来(はく きらい、ポー・シーライ、1949年7月3日 - )は中華人民共和国の政治家。

更新日: 2013年10月25日

1 お気に入り 6212 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

speedy_wsさん

薄熙来とは?中国共産党との関係は?

薄 熙来(はく きらい、ポー・シーライ、1949年7月3日 - )は中華人民共和国の政治家。国務院副総理などを務めた薄一波を父に持ち、太子党に属する。保守派の旗手として第17期中国共産党中央政治局委員兼重慶市党委員会書記を務めたが、胡錦濤派との権力闘争に敗れて失脚した。

生い立ち

中華人民共和国建国直前の1949年7月3日、薄一波の次男として北平市(現在の北京市)で生まれる。本籍は山西省定襄県。北京市第四中学校卒業後の1968年1月に就職。同時期に展開されていた文化大革命では紅衛兵組織「連動」の一員であったが、薄熙来は父の失脚にともない投獄された(公式履歴では学習班で労働とされている)。1972年より北京市第二軽工業局五金機修工場に勤務。1977年2月、北京大学歴史系世界史専攻に入学[1]。1979年9月、中国社会科学院研究生院(大学院に相当)国際新聞(報道)専攻に入学。1982年8月に修了して修士号を授与された。

薄熙来 - Wikipedia

中国共産党入党

中国社会科学院在学中の1980年10月、中国共産党に入党。修了後の1982年8月、党中央書記処研究室に配属され、党中央弁公庁幹部となる。

薄熙来 - Wikipedia

重慶に「独立王国」を築く

薄熙来は、2007年10月の第17回党大会で中央委員に再選され、党中央政治局委員に昇格した。同年11月30日、重慶市党委書記に任命される。12月29日、商務部長を退任。2008年3月、第11期全人代重慶市代表に選出される。

薄が赴任した重慶市は、1997年に「西部開発の拠点」とするため4番目の直轄市に格上げされた都市であった。しかしながら、薄が赴任するまでの10年間は外資投資が進展しなかった。2003年までの投資総額は5億ドルに届かず、2003年から2007年の合計もわずか10億ドルだった。ところが、薄が赴任し外資導入に着手すると、2008年の外資の投資額は対前年比170%増の27億ドルとなり、翌年には39億ドルを達成した[5]。薄は年16%を超える超高度経済成長をつくり上げ、重慶の庶民に発展の恩恵を実感させた[6]。

薄熙来 - Wikipedia

遼寧省での活動

1984年10月、遼寧省に転出し同省金県党委員会副書記となる。その後、遼寧省大連市金州党委書記、大連市経済技術開発区党委書記などを歴任。1988年2月、大連市党委宣伝部長兼市党委常務委員となる。翌年3月、大連市党委常務委員兼常務副市長に就任。1992年8月、大連市党委副書記兼市長代理となり、翌年3月、大連市長に昇格。同月、第8期全国人民代表大会遼寧省代表(議員)に選出。以後、第9期(1998年 - 2003年)・第10期(2003年 - 2008年)と全人代遼寧省代表として再選される。1999年9月、遼寧省党委常務委員・大連市党委書記兼市長に昇進。大連市長在任中は環境政策に力を注ぐ一方、日本企業など外資を呼び込んで地元経済の発展に力を尽くした[2]。2000年8月、大連市長を退き、遼寧省党委常務委員・大連市党委書記の職に専念する。

薄熙来 - Wikipedia

失脚

2011年11月中旬、重慶のホテルで大連時代から薄熙来一家と懇意であった英国人実業家のニール・ヘイウッド(英語版)が死亡しているのが発見された。当初、重慶市当局はすぐに死因を急性アルコール中毒としていたが、のちに関係者の証言からヘイウッドが禁酒家であることが明らかとなり、殺人の疑惑が急浮上した[8]。イギリスは中国に英国人実業家死亡事件の全容解明を要請した。重慶市公安局長で薄の腹心であった王立軍が捜査責任者として、重慶市公安局が英国人実業家死亡事件について再捜査に着手した。重慶市公安局は捜査によって、薄の妻の谷開来(中国語版)と薄の生活秘書が英国人実業家を毒殺したこと、英国人実業家が関与した薄一家が数十億ドルにものぼる不正蓄財した財産を海外送金していた疑惑があること、薄一家が不正蓄財した財産について谷開来とヘイウッドとの間に諍いがあったことが事件のきっかけであることを把握した。

薄熙来 - Wikipedia

裁判

2013年7月に薄熙来に対して、遼寧省時代の職務に絡んだ約2000万元(約3億2000万円)の収賄罪と約500万元(約8000万円)の横領罪、重慶市共産党委員会書記時代の職権乱用罪で起訴されたことが発表された[13][17]。

山東省済南市中級人民法院は、微博で起訴内容や法定内の写真を次々と伝える異例の対応をして、裁判の透明性と公正性をアピールする狙いがあるとみられる[18]。

2013年9月21日、山東省済南市の裁判所は、薄に対して無期懲役の判決を言い渡した[19]。

薄熙来 - Wikipedia

習近平ってそもそもどんな人?現在の中国共産党とは?

習 近平(しゅう きんぺい、シー・ジンピン、1953年6月1日 - )は中華人民共和国の政治家。中国共産党の第4世代の最高指導者であった胡錦濤の後任として、2012年より第5代[1]中国共産党中央委員会総書記、第6代中国共産党中央軍事委員会主席[2]、2013年より第7代中華人民共和国主席、第4代中華人民共和国中央軍事委員会主席を務め[3]、中華人民共和国の最高指導者の地位にある[4]。太子党のひとりで、父は習仲勲(元国務院副総理)。

習近平 - Wikipedia

薄熙来と習近平の関係

1