ドイツの生理学者エルンスト・ヴェーバーは1834年におもりを持ち上げる実験で、おもりの重さの変化を感じ取る感覚は、何g増えたかといった差ではなく、何倍になったかという比に依存していることを示しました。

出典あ然!低所得者と富裕層の「1」はこんなに違う - ニュースパス

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

経済学に見る限界効用のマーケティング活用(限界効用逓減の法則)

基本的な経済学では、何かを利用すればするほど、満足度が低下するとされています。非常に新鮮に見えた商品に出会っても、時間が経つとその商品が魅力的に見えなくなってきて、「飽きた」という状況が発生してしまいます。商品は交換できますが、人生のパートナーを交換するのは非常に困難です。

このまとめを見る