1. まとめトップ

あっという間に鼻づまりが直る!鼻づまりを治す方法7つ

鼻がつまっているとつらいですよね。あっという間に直るという方法を7つ紹介します。花粉症 鼻炎

更新日: 2014年01月02日

niconiaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1086 お気に入り 2600721 view
お気に入り追加

あっという間に鼻づまりが直る!?かもしれない方法たち

・・・色々試してみるのもありかも?

方法その1

簡単に行えてしかも効果が抜群な解消法は「鼻を温める」ことです。
温かいタオルなどで鼻の上部をおさえておくと、しばらくして鼻がスーっと通って鼻水が垂れてくるでしょう。特に寒い時期は鼻の内部の血管は冷えて血行が悪くなっています。これを温めてあげることで血行が良くなり、鼻づまりが簡単に解消されるのです。

方法その2

ステップ1:深く息を吸う。
ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
ステップ3:鼻をつまむ。
ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
ステップ6:鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。

実際には6ステップどころか5ステップで完了しているというシンプルさです。どこにも行かずにその場で出来るのがありがたいところです。

方法その3

ステップ1:舌で口の上部を抑えつける
ステップ2:舌を離して、今度は2本の指で両眉毛の間を抑えつける。
ステップ3:ステップ1と2を鼻づまりが治るまで20回くらい続ける

方法その4

ペットボトル鼻づまり解消法
耳鼻咽喉科の医師である石井正則氏が紹介していた鼻づまり解消方法。使用するのは500mlのペットボトルのみ。このペットボトルを鼻とは関係のない脇にかかえて挟みます。この時左の鼻がつまっていたら右の脇で挟む。右なら左の脇。これを行うと交感神経が働き、鼻づまりが解消するそうです。

方法その5

■呼吸を整える

こちらも同じく、『世界一受けたい授業』で紹介された方法です。

<呼吸法の手順>
1.鼻から息を吸い、鼻をつまむ
2.鼻をつまんだまま、アゴを胸につけるように下に向け、5~10秒間、お腹に力を入れる
3.アゴを上げ、鼻から息を吐いて吸う
4.1~3の手順を5回繰り返す

胸の中の圧を高めることで、鼻の中の交感神経を刺激し、粘膜がギュッと縮んで、鼻通りが良くなります。

方法その6

鎖骨を指でたたく方法
鎖骨のあたりには顔への動脈、静脈が集中しています。指でちょうど、キツツキのようにコンコンと鎖骨をまんべんなくたたくと、血流がよくなって鼻もすっきり。

方法その7

鼻づまりを解消するツボ

鼻づまりに対応しているツボは、目頭の近くにある睛明、鼻筋に沿って縦に並んでいる迎香と、その名も鼻通というツボ。首の裏側にある大椎ツボは、鼻づまりや鼻血など、鼻の各症状に対応しているツボです。

手の甲にある合谷と足の崑崙も、鼻の悩み解消に役立つツボです。

睛明-せいめい

睛明
目頭と鼻の付け根の骨との間に位置し、疲れ目のときに思わず押さえてしまう…そこです。指の腹を当ててズレないように固定して、押しこむように刺激します。

迎香-げいこう

迎香
小鼻の左右、それぞれ最も広がったところのくぼみに位置します。強く刺激します。

鼻通-びつう

鼻通
迎香ツボの少し上で、鼻の左右、縦に長さを取ったときの真ん中にあるくぼみに位置します。指の腹で少し強く刺激します。

首の後ろ側にあって、首を前に倒して左右に振った時に動く骨とその下の骨の間にあるくぼみに位置します。弱い力で長く刺激します。使い捨てカイロやホット缶コーヒー、ドライヤーを使った温熱刺激も効果が期待できます。

合谷-ごうこく

合谷
手の甲側で、親指と人差し指の間にある骨の付け根部分から少し外側(指先の方向)に位置します。強く、長めに刺激します。

崑崙-こんろん

崑崙
足首の外くるぶしとアキレス腱の間、凹んだ部分の中心に位置します。強く長めに刺激します。

1





niconiaさん

猫やかわいいもの、きれいなもの、ゲーム、海外の流行についてが好きなのでそれらに関する画像、動画、情報などまとめていきたいとおもいます。

このまとめに参加する