小説版『三国志』の中で、諸葛亮孔明は「易学」「天文学」「占星術」に通じていたと言われています。四柱推命は諸葛亮孔明の生きた三国時代にはまだ成立していない「かも」なので(成立していた「かも」ですが)、小説の中で孔明が操ったのは「四柱推命」ではないかもしれません。しかし、「四柱推命」の元になった考え方「陰陽思想」は、確かに、孔明の時代にも存在しました!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

オンラインでできる本格的四柱推命

あなたも今日から諸葛亮孔明?!現代の安倍晴明?!四柱推命で運命を知ろう!

このまとめを見る