1. まとめトップ

一眼レフで広角レンズを使いこなす!

写真はフィルムからデジタルへ・・・誰でも気軽に楽しめるものになりました。一眼レフユーザーも増加の一途、プロ顔負けの写真をとるアマチュア写真家が世の中にあふれてます。でも・・・本当にわかってますかカメラの使い方?プロカメラマンが本当に使えるカメラの使い方をまとめます。

更新日: 2016年01月25日

ぷむぷむさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
159 お気に入り 89870 view
お気に入り追加

広角レンズの特性ってなんでしょう?

さて、いきなりですが問題です。
広角レンズを使いこなす上で知っておくべきの最大の特性はなんでしょう?

「広角は広い絵が撮れる」

っと思った方!正解の一つではありますがその答えは30点です。
その答えは広角レンズを活かした撮り方が
できていないことを示しているかもしれません・・・Σ(゚Д゚)ガーン


広角レンズの特性をまとめると
・広い絵が撮れる
・狭い場所でも後ろに下がらず被写体全体を写せる
・近い物は大きく遠い物は小さく遠近感の強調された絵が撮れる
・被写界深度が深いのでピントが合いやすくボケづらい
・レンズの目の前にある被写体にもピントが合うので被写体によれる
ということになるのですが、
これらの特性を最大に活かした撮り方といえば
ずばり被写体によって(近づいて)撮るということです。

レンズに被写体がぶつかるくらいに近づてみよう!

広角レンズは画角が広くなんでも写り込んでしまうので、
写真の主役が何かを意識した撮り方をしないと
何を撮りたかったのかわからない
とても漠然とした写真になってしまいます。

広角レンズでは
写真の主役となる被写体にぐぐぃっとよって
主役を画面の中に大きく強調しながら、
画面の中に入り込んでくる後ろの物や景色を
脇役や背景として活かすことができるのです。

主役とする被写体の大きさ次第ではありますが、
時にはレンズ前10センチぐらいまでぐぐぃとよります。

写真の主役は流木、
脇役は遠くの山並みです。

主役の流木によって画面の下2/3を占めるよう、
空いた上1/3に遠くの山並みを配置しています。

ピントの位置は手前のよった被写体か?奥の背景か?
これは写真によってその都度判断するしかありません。

上の写真では流木が大きくそこまでよる必要がなく、
主役の流木に合わせても奥までピントが行きますので、
流木に合わせています。

写真の主役はソフトコーラル(左下)、
脇役はライトを持ったダイバー。

ソフトコーラルで画面の左斜め下を全部埋めるつもりでよって、そして右上の空いた空間にダイバーを配置しています。

ピントは手前のソフトコーラルにしています。
透明度が悪い所では奥にピントを合わせてもきっちり合いません。
奥がぼんやりしている上に手前にもピントが合っていないと、
どこにもピントがあっていないぼんやりとした絵になってしまいます。

写真の主役は氷の破片、
脇役は朝焼けです。

氷の破片の角っこにできる限りよって下側2/3に配置、上側1/3に朝焼けを入れています。

ピントは奥の朝焼けにしてます。
氷のとんがり感はある程度ぼかしてもわかるからです。
カメラと氷の距離は10センチくらいとかなり近くまでよっているので
氷の方にピントを持ってくると背景がぼけすぎてしまいます。

ここからちょっと応用編です。

主役のニジマスをキレイな背景で撮りました。
ピントはニジマスに合うように調整しています。

当然ながら野生生物はそう簡単によらせてくれません。
生き物側からこちらによってきてくれる場所で待ちます。

ニジマスのたまり場にそーーと近づき、
ピントはレンズから20センチくらいの所に固定、
カメラはノーファインダーでなるべく体から離し、
背景がキレイな場所・角度に構え、
魚が近づいてきてくれるのをひたすらじーーっと待ちます。

写真の主役はギンガメアジの魚群、
脇役は魚群を追いかけるダイバーです。

魚群によって左2/3に、ダイバーを右の空いたところに配置しています。ピントは魚群です。

被写体が動き回るものの撮影は本当に大変です。

ギンガメアジの魚群とダイバーの動きを予測しながら、
主役のギンガメ達によれて、脇役のダイバーが後ろに入ってくる
位置関係になる場所にがんばって泳がないと撮れません。

というわけで広角レンズのコツは
「写真の主役となる被写体によって撮ること」
です。

がんばって”がぶり寄り”ましょう!

1





もぐりのカメラマン。夜景、水中、風景、動物、比較名合成、微速度撮影
https://twitter.com/photo_pumpum http://ameblo.jp/kitsunesan-m/