出典 www.salon.com

つまり、この「おとなしくて真面目で優秀な学生」は、white supremacist (白人優越主義者)だったわけです。

それも、何かの組織に所属して活動をしているとか、それ系のサイトで活発に発言をしているとかいった形跡でもあればこんなことにはなっていなかったのかもしれませんが、ラプシンはどこにも所属せず、ただその「思い」というか「思想」を募らせていた。

この情報が含まれているまとめはこちら

英連続テロ: 老人を殺し宗教施設に爆弾を仕掛けた白人優越主義者に禁錮少なくとも40年の判決

今年4月末、英バーミンガムでモスクでの礼拝から帰宅する途中の高齢者が何者かに襲われ死亡。現場から立ち去る「白人男」について何の手がかりも得られずにいた警察が逮捕した容疑者は、6月から7月にかけて近郊の3軒のモスクに爆発物を仕掛けたウクライナ人。彼は企業研修プログラムのため4月に渡英したばかりでした。

このまとめを見る