1. まとめトップ
  2. 雑学

観客の目の前で...シャチのショー中に起きた衝撃の事故が残した疑問

2010年にシャチのショー中に起きた死亡事故を題材にしたドキュメンタリー映画「ブラックフィッシュ」。全米中で議論を呼び起こしています。

更新日: 2013年10月26日

595 お気に入り 2022540 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nekofunkさん

全米中で議論を呼び起こしたドキュメンタリー「ブラックフィッシュ」

2013年1月のサンダンス映画祭で初公開され、10月25日(日本時間)にCNNで全米に向けて放送されました。

「シャチが…私たちトレーナーのひとりを食べてしまったんです…」 映画は水族館係員が警察に事件を通報をした際の音声記録からはじまり、関係者へのインタビューを通じて、水族館のシャチショーの実態が次第に明らかにされていく。

「Blackfish」とは、ネイティブ・アメリカンの言葉で「シャチ」を意味するそうです。

正式には、シャチ、キラーホエール、オルカなどの英語名を持ちます。愛称として「shamu(シャム)」と呼ばれることも。

映画の前半ではティクリムと調教師たちの間にはっきりと刻まれた絆や愛情が映し出されます。

そして、衝撃の死亡事故が起きてしまった...

(2010年2月)米フロリダ州オーランドの水族館でシャチのショーの最中、シャチが女性調教師を襲って死亡させる事故が起きた。

警察の発表では、トレーナーの彼女が間違ってタンクの中におっこってしまったと発表しているようですが、見ていた人の証言では、シャチが彼女を引きずり込んだのだ、とも。

シャチは水面から跳び上がり、(調教師の)腰のあたりにかみついて水中に引っ張り込み、ブラチョワさんを激しく振り動かしたという。

シャチさんに「いい子いい子」となでなでしていたらしいんです。その様子はとってもほほえましくて仲がよさそうだったそうです。そうこうしていたら、一匹がトレーナーを水に引き込み、彼女の周りで泳ぎだしたとか。

警察の発表、観客や他の調教師による様々な証言があり、真相は不明です。

なぜこんな悲劇が起きてしまったのか?

「彼女を食べるつもりはなかったと思う。単に手荒く扱っただけだ」

海洋生物学者のウェイン・ペリーマン氏の話。

調教師殺害あるいは補食の意図があったのであれば、遺体の損壊は骨折・脱臼などでは済まなかったはずです。

シャチのように社会生活を営むことに慣れている動物は、その性格もまちまちで、皆同じというわけではない。それに、人間と同じくシャチにも機嫌のいい日と悪い日がある。

あくまでもシャチに殺人の意図は無かった、機嫌が悪かったなどで手荒に扱ってしまっただけ、というのが生物学者の見解。

このシャチ「ティリクム」はこれまでに2件の死亡事故に関与していた

「Tilikum(ティリクム)」の事故が起きたアメリカのアミューズメントパーク シーワールド

1991年、カナダにあるシーランド・オブ・ザ・パシフィックで、ティリクムを含む3頭のシャチが調教師を溺死させ、直後にこの施設は閉鎖された。

女性トレーナーが誤って3頭のシャチの泳いでいる水槽に落ちてしまったのだ。ティリクムと他2頭のシャチはバレーボールのボールのようにその女性トレーナーをパスし合い、結果そのトレーナーは溺死してしまった。

1991年の事故から8年後の1999年。カナダからオーランドに移動したティリクムはまたしても事故に関与してしまう。

1999年にはシーワールド・オーランドで、ティリクムの背中に横たわる男性の死体が発見された。捜査当局は、閉園後に忍び込んだ男性が低体温症を起こして溺死した可能性が高いと結論付けた。

「この男性はシャチにかまれて死んだのではない。水流に巻き込まれたか、シャチが男性をオモチャと勘違いし、小突かれるなどしておぼれてしまったのではないか」

地元警察の見解。ティリクムが男性の体を小突いている内に服を脱がせてしまったためか、発見当時、男性は裸だった。

最初の事故から20年...ティリクムは今どうしているのか

「シーワールドはティリクムを含めシャチを自然に帰すべき」という動物愛護団体と、人を殺したティリクムを処分する(殺す)べきと主張する人たち、全米中で議論が起きています。

信じがたいことに、人間を3人も殺めてしまったシャチのティクリムは今日も水族館のショーに出続けている。

シーワールドに居るシャチの中で、過去に人間に攻撃してきたもの、性格が荒いものは、高い塀に囲まれたプールの中で普段から隔離され、パフォーマンスする時に出される。

これはまさにティリクムのことで、他のシャチとも隔離されている。

ティリクムは夜は金属で出来た更に小さなプールでひとりで隔離され、ティリクムの身体についている傷はほとんどそのプールで出来たとのことです。

プールが狭すぎるのか、隔離されているストレスなのか、ティリクムの体はたくさんの傷がついている。

1 2