1. まとめトップ

船橋競馬場コースまとめ&考察

船橋競馬場のコース別に考察してみた。

更新日: 2015年09月17日

digipotさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 39579 view
お気に入り追加

船橋競馬場のコース別に考察してみた。※主要コースのみ

■全体的な攻略ポイント

■船橋競馬場コース
レースのほとんどは1200m、1500m、1600m戦で行われる。コーナーの内外に高低差があるスパイラルコースで、4コーナーで外に振られる現象を抑えている。

■開催ごとに枠の有利不利をチェック
馬場の内外の有利不利は開催ごとにチェックするべきで、前半の状況を見ながら有利な枠番を見抜き、勝負は後半へ。
※枠番別成績
http://www.nankankeiba.com/deme/0119000000.do

■パドック重視で
馬の調子はパドックでチェックするしかない。ネットのライブで状態を確認しよう。急な馬体重の増減にも注意。特に中央馬からの転籍では+20kg程度で出走してくる馬の珍しくない。

■騎手リーディングをチェック
馬だけで、レースに勝つことはできない。急なコーナーをうまく立ち回れる上位騎手を中心に馬券を組み立てるのがいい。リーディング上位の騎手は頭に入れておこう。

※2015年船橋リーディング
1.森泰斗(船橋)
2.真島大輔(大井)
3.本田正重(船橋)
4.中野省吾(船橋)
5.本橋孝太(船橋)

船橋は基本的に地元ジョッキーが強い。
4位にランクされている中野騎手が成績を飛躍させている。

※リーディング出典
http://www.nankankeiba.com/leading_kis/19201501.do

■注目の調教師は
2015年は、新井厩舎と川島正一厩舎の活躍が目立った。
船橋所属の厩舎が圧倒しており、船橋以外の南関東の厩舎はかなり苦戦している。

■サウスヴィグラス産に注目、船橋ではストーミングホーム産に注目。
2015年の南関東では、サウスヴィグラス産の勝ち鞍が一番多かった。続いてゴールドアリュール産、タイムパラドックス産、アグネスデジタル産、クロフネ産と続く。
中央でも活躍するダート血統馬の活躍が目立つ。
船橋での狙い目は、リーディング上位のゴールドアリュール産とサウスヴィグラス産だ。
出走は少ないが必ず抑えておきたいのが、ストーミングホーム産、ショウナンカンプ産だ。

■主要コース

短距離コース。
内外による有利不利はない。
スピードで押し切ることができるレースではあるものの、先行激化するのでうまく息を入れないと最後の最後で差されることもある。
安定して先行できる馬を狙いたい。

最初にゆるいカーブがある開催の多い短距離コース。
スタートしてから緩いカーブがあるが、内外の有利不利はほとんどない。
大外からの差し切りは厳しく、内を進んだ逃げ先行が有利となる。

ぐるりと1周ちょっと回るコース。
内外の有利不利はほとんどないが、やや内枠の方が勝率は高い。
コーナーが4つあるので、コーナリングのうまさが生命線となる。先行争いが厳しくなることも多く、人気馬が簡単につぶれたりもする。シンプルなコース体系ながら、なかなか的の絞りにくいコースでもある。

このコースではかしわ記念(Jpn1)が開催される。

1600mよりもちょっとスタート位置が最初のコーナーまで長くなる。
一般的にスタートから最初のコーナーまで長くなると、ペースは落ち着きやすいと言われるが、開催数があまり多くないので、そのまま解釈してよいかと思う。

重賞などにも使われるスタートから最初のコーナーまで最も長いコース。
最初のコーナーまで長いので、枠の有利不利はほぼないとみていいが、外枠の馬の方が成績はいい。
重賞やクラスの高いレースに利用されるので、逃げ馬の主張も強くなり、ペースがゆるくなるとは限らない。レコードタイムを見てもわかるとおり、時計はわりと速いコースで、かなり見応えのあるレースが楽しめる。

中央交流重賞ダイオライト記念が開催されるコース。
枠による有利不利はないので、純粋に馬の能力が競われる。
当然スタミナ必須で、上位はほとんどJRAの馬が持っていく。

■関連まとめ

■関連サイト/参考サイト

馬券の購入は自己責任です。無理なく計画的に購入を。

1





digipotさん

フリー素材好きなのでフリー素材まとめます。
競馬が好きなので競馬もまとめます。
ゲームも好きなのでゲームもまとめます。
思いついたらまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう