1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

【誘拐児童を親元に返す】携帯アプリが子供たちを救うかも【中国】

中国のスマートフォンが全て誘拐児童を探すツールになったら・・・Missing Childrenというアプリによって中国の子供たちを取り巻く環境は大きく改善されるかもしれませんね。

更新日: 2013年10月28日

111 お気に入り 64589 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一年に20,000人の児童が誘拐される中国

中国政府の統計では年間10,000人と言われる誘拐児童数、しかし、その発表は氷山の一角にすぎないようで、関連記事内での人数差は実に大きい。

中国では毎年、2万人ともされる子供が誘拐され、物乞いなどをさせられている。

出典朝日新聞 2013年10月22日

ある専門家は実際の被害はもっと大きく、年7万人が誘拐されていると推測している。

様々な統計によると中国では年間に20万人の児童が誘拐されている。

余りに幅が広すぎてどれが現状に近いのかすら分からなくなりますが、数万単位で発生しているという事は確実なのでしょう。

誘拐罪は死刑 しかし減らない誘拐

出典ceron.jp

中国政府は2009年から反誘拐キャンペーンを実施。現在も犯罪組織を摘発していますが、まだ減らないのが現状のようです。

国際的な養子縁組プログラムにまわされてしまうことさえある。

働き手である男児が欲しいがために、誘拐された子供と認識していても売買に応じるケースも少なくないとのこと。また物乞いの場合、誘拐後わざと障害を負わせることもあるようで心が痛みます。

ITの力でこの現状を解決

アイディア:14億人の中国の人口
皆が誘拐児童を探すボランティアになりうるのでは?

ストリートチルドレン等、誘拐児童と疑われる人の顔を撮影すると、オンライン上の失踪児童のデータベースと照合され、誘拐自動かそうでないかが瞬時に判定されます。

データベース上の登録者と一致した場合、その情報が登録者(化家族等)に伝達され無事発見されるという仕組みです。

現実的には中国国民のうちスマートフォンを扱う人口を考慮すると、14億人よりずっと少ない事になります。しかし、スマートフォン保持者であれば、誰でも・どこでも、離れ離れになってしまった親子を元通りに戻す手助けをできるのです。

Within one week of the app's launch, there were 20,000 downloads and two children were reunited with their families,

アプリの公開から1週間のうちに、2万ダウンロードを突破し、実際に2人の子供を彼らの親元に帰す事が出来たようです。

両親をかたどった彫像をつかったイベントを中国各地で実施。
「中央には子どもの大きさの穴があります。それをアプリから撮影すると、ARで失踪児の情報を表示し、気づきを提供しています。」

引用:
http://works.1-10.com/service/missing-children/

子供の形にかたどられています。

アプリは、権威ある広告関連の国際的な賞も受賞

Cannes Lions(カンヌライオンズ)は世界3大広告賞の一つ。

「Missing Children」は1つの金賞、2つの銀賞、そして1つの入賞を獲得しました。

企画をしたのは北京の人権団体

テクニカルチームは日本のウェブ広告製作会社

1 2