1. まとめトップ
189 お気に入り 204791 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

capsuleupさん

じばてんこさんのペン設定って
ことで「じばペン」ってフォロワーの
人に呼ばれたりもしましたが
一応作り方まとめときます.

①鉛筆ツールをコピー
②最小サイズはお好みで
③ブラシ濃度は60~65
④ブラシのパターンを画用紙に
⑤画用紙の強さを25程度

にして真っ黒より2割程明るい
色を選択すればちょっとだけ
鉛筆っぽい線画が引けます.


線画の際に何度も同じ場所をガリガリ描くことで鉛筆のような
かんたんに線の濃淡が作れるのが特徴です.

その代りの注意点なのですが、ガリガリ削って濃淡を出した線画で色塗りを
しようとすると、透明度を持った線画によって下地になる色が浮かび上がる箇所と
浮かび上がらない箇所が出てしまい見栄えがどうしても悪くなるので
顔の輪郭や髪の毛など、『キャラクターの外枠となるような場所』や
『曲線など、線を繋げたい箇所』は一筆で描くように意識した方がいいかもしれません.

服のしわやざらつき加減とか睫毛とか濃淡出ても影響ないところは
色塗りを気にせずガリガリ描いても大丈夫だと思います.
線画(ラフ)を描くのはたのしいが、色塗りをするにはちょいと骨が折れるペン設定
じばてんこ(ラフ止まり)の名に相応しいペン設定となってます!!
みんなもペン設定公開すればいいよ!!

【できるだけ本物に近い鉛筆の質感を得られるSAIのブラシ設定】基本ブラシ「鉛筆」、最小サイズ0、ブラシ濃度79、ブラシ形状「にじみ&ノイズ(強さ64)」、テクスチャなし、描画品質4、輪郭の硬さ0、最少濃度0、最大濃度100、筆圧硬⇔軟14、筆圧:濃度・サイズチェック

1