1. まとめトップ

30歳までに知っておきたいうつ病にならない方法

昨今いじめや就職活動、そしてブラック企業などが社会問題となっています。そんなストレスフルな現代社会において肉体と精神の健康を維持することは、簡単ではありません。このまとめではうつ病になることなく、肉体的にも精神的にも健康な生活を送る方法を紹介したいと思います。

更新日: 2017年09月17日

RichardGongさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 15415 view
お気に入り追加

1. 背景 - 現代社会はストレスとうつ病の宝庫

2012年に「就職失敗」を理由に自殺した20代は149人にのぼり、07年の60人から約2.5倍に急増しているのだ。

ユニクロは今回、本誌の取材に対してそのデータを初めて開示した。07年新卒入社社員の37.9%が入社3年内に離職している。以下同様に、08年入社46.3%、09年入社53.0%、10年入社47.4%、11年入社が2年間で41.6%である。

ユニクロは、おそらく氷山の一角でしょう。この会社以上に社員の尊厳を著しく貶めているところはもっとあるはずです。

うつ病は社会を蝕むガン細胞

2. うつ病にならない方法

2.1 職場以外のコミュニティーを開拓

あなたの趣味は何ですか? 趣味でつながるっていいですよね。そんなコミュニティーをあなたも見つけてはいかがでしょうか?

2.2 適度な運動

適度に運動することはストレス解消につながります。デスクワークをしている人にとっては、日頃の運動不足解消にも最適です。試しにジョギングやヨガなど手軽なものから始めてみてはいかがでしょうか?

2.3 適度な睡眠

睡眠は生きていくために欠かせないものの1つです。食事か睡眠のどちらか一方を洗濯する場合、睡眠を取るべきだという意見もあります。
心の健康にも睡眠は不可欠です。睡眠不足の状態が長期間継続するだけで、うつ病に罹患する危険性が増大するのです。

1日に6.5~7.5時間の睡眠をとっている人が最も死亡率が低く、それ以上およびそれ以下の時間、眠っている人は寿命が短くなる傾向にあったのです。

長過ぎても短過ぎても体の健康を阻害するのです。適度な睡眠時間が寿命を伸ばす上で重要です。

2.4 マイペースな生活

「他人からどう見られるか」「仕事で失敗するんじゃないか」「恥をかきたくない」等々、私たちは様々な制約の中で生きています。ただでさえ不自由なことが多い現代。そんな時代に自ら率先して制限を設ける必要があるのでしょうか? いっそのこと、自分で自分自身に課している制約を取り除いてしまいましょう。

他人が自分をどう見てるかを考え過ぎるのは、自分を追い込んでしまいます。
まずは1人で抱えこまずに,ご家族やご友人に相談して心の内を話しましょう。

あなたは1人ではありません。家族や恋人、友人など周りにはあなたを支えてくれる人がたくさんいます。

3. 今後の生き方 - がんばるのが好きだったら、がんばればいい。がんばりたくなければ、がんばらなければいい。

もちろん、がんばることはいいことです。努力の先にしか味わえない達成感は格別です。そんな達成感を味わいたいからこそ、今ここでうつ病になったら損ですよ。がんばることが辛ければ、がんばるのを止めてはいかがでしょうか? がんばるのを止めたからこそ、今まで見えなかったものが見えることもあります(実体験!)。
「何のためにがっばっているのか」を考えましょう。うつ病になったら、努力の先にある喜びも半減してしまいます。心身共に健康であるからこそ、努力も楽しめますし、よい結果を出したときの喜びもまた大きくなるのではないでしょうか。

If you love "Die Hard", I think it's alright not to live hard. It's Okey to make an effort when you are dying. / 映画の「ダイ・ハード」が好きなら、ハードに生きなくてもいいと思う。死にそうなときに、努力すればいい。

4. オススメのまとめ

1





サラリーマンです。ふつつか者ですが、よろしくお願いします。
また、Facebookで友達募集中です。こちらもよろしくです。