1. まとめトップ

司会アイドルの第一人者SMAP中居正広さん。多才ぶり発揮するも視聴率がついてこない?

今はアイドルが司会をすることが珍しくはないのですが、その道を切り開いたのはスマップの中居正広さんで異論はないでしょう。司会として安定したスキルがある一方で視聴率はどれも苦戦中のようです。

更新日: 2017年05月23日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
79 お気に入り 1720821 view
お気に入り追加

■発言のカットも気にせず“SMAP愛”を貫く中居正広

元SMAPの中居正広が、5月13日に放送された司会を務めた「のどじまんTHEワールド! 2017春」(日本テレビ系)でSMAPに関する発言をしたところ放送ではカットされてしまっていたことを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 同番組は世界各国代表の歌自慢が日本のヒット曲を歌う番組。この日、番組で一番の盛り上がりを見せたのは、インドネシア代表が歌ったSMAPの代表曲「世界に一つだけの花」。放送では、歌唱後、大会委員長のテリー伊藤氏が、「中居さんも途中で歌うのかと思った」とネタふり。すると、中居は「素晴らしかったですね。ボクもてっきり入るものと思っていたんです。でも、のどの調子壊しちゃったんです~」とおどけていた。

しかし、同誌によると、ある中居の発言がバッサリカットされてしまったのだとか。インドネシア代表が退場する際、観覧席の大半を占めていたSMAPファンからはすすり泣きも聞こえるなど、沈んだ雰囲気に包まれてしまったというが、そこで機転を利かせたのが中居。

 同曲について、「昔、歌ってたんだよ。口動かしてただけなんだけど」と“口パク”をネタに笑いを誘ったという。そして、「いや~(歌ってた)本人に会えちゃったね。会えるんだもんね。ほかの人にも会わせたかったな~」と話し掛けると、会場の雰囲気は穏やかな雰囲気に一変したというのだ。どうやら、中居は次の出場者が歌いやすいように空気を一変させるべく、カットされるのを覚悟で禁断の“SMAPネタ”を切り出したというのだが…。

「解散後、ジャニーズ事務所が公の場でSMAPに関する発言を認めているのは木村拓哉のみ。しかし、木村は『解散に未練がない』というような趣旨の発言を繰り返しファンをがっかりさせている。それに比べ、中居はいまだに“SMAP愛”の深さをうかがわせている」(芸能記者)

 SMAPファンが元メンバーのうち、中居と木村のどちらを支持するかは言うまでもなさそうだ。

■今井翼、入院中に届いた中居正広の手紙に感謝「神さまは休めと言ってる」

アイドルデュオ・タッキー&翼の今井翼が、19日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55~)に出演。2014年に体調を崩して長期入院した際に、ジャニーズ事務所の先輩・中居正広の手紙に救われたエピソードを語った。

今井と中居は、ともに神奈川県藤沢市出身で、同じ中学校出身という関係。今井は、入院した当時について「精神的にもなかなかない感覚になって…」と振り返り、「中居くんがお見舞いとしてお手紙と空気清浄機を送ってくださった」と明かした。

普段、今井に対してふざけた態度をとる中居は、手紙では「神さまは今、お前のこと、休めって言ってるんだから、しっかり休んでまた仕事しよう」とメッセージ。今井は「すごくうれしくて」とその手紙に救われたという。

■中居、「社内独立」へシフトチェンジか 6月に契約更新の話し合い、4人の独立騒動は長期化の様相

元SMAPたちに再び注目が集まっている。6月にも契約更新の話し合いがもたれるというが、これまで木村拓哉(44)を除く4人の独立が取り沙汰されてきたが、ここにきて何やら風向きが変わりつつあるようなのだ。

 解散後、メンバー全員がジャニーズ事務所に残留を決めたが、中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の4人には独立説が根強くささやかれる。

「最たるものが、4人が“SMAPの育ての親”でもあるマネジャー女史と合流し、新事務所を立ち上げるというもの。新事務所は、芸能界の重鎮や大手芸能プロの幹部、マネジャー女史と親交の深い中国の実業家らがサポートするといわれている」と芸能プロマネジャー。

 元リーダーで最も活躍が目立つ中居は、ドラマでの共演以降、プライベートでも仲の良い「ダウンタウン」の松本人志(53)やマージャン仲間の井戸田潤(44)ら、お笑い芸人とも親交が深いが、こんな話も。

 「水面下で中居さんが吉本興業の幹部と接触したという噂も流れています。吉本ならジャニーズとのしがらみもそれほどなく、移籍先として十分考えられますからね」(前出マネジャー)

 そんな中、ジャニーズ事務所との所属契約が切れる9月を前に、双方による契約更新に関する話し合いが、6月中にも行われるのだ。民放テレビ局の編成担当は「少なからず年内の独立の可能性は低いと思います」と見立てる。

その背景には、独立の“キーマン”である中居の思惑があるというのだ。「さまざまな業界関係者と接触する中、思った以上に独立のハードルが高いことを痛感したのでしょう。無理をして独立するよりも今は仕事に専念し、将来的な“社内独立”を目指すほうが得策という考えに至ったようです」(同民放テレビ局編成担当)

 実際、大物芸能人には人気や実績を武器に、事務所に所属しながらも、自ら仕事を選んだり、スケジュールを調整できる権限を持つ“社内独立”に近い形態で芸能活動をする者もいるという。「ジャニーズ事務所のトップ2人も御高齢ですし、いつまでも今の体制が続くとは限らない。事務所の稼ぎ頭である中居さんの発言権は当然、今後も増していくでしょうしね」(前出の民放テレビ局編成担当)

■中居正広、ソロ歌手になる可能性聞かれ「1人で歌う自信なんかねえよ」

元SMAPの中居正広が、17日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『ナカイの窓』(毎週水曜23:59~24:54)で、演歌歌手の細川たかしからソロ歌手として活動する可能性を聞かれ、「1人で歌う自信なんかねえよ」と答えた。

冒頭のトークで、細川は演歌歌手になったきっかけについて、「歌が好きで札幌でずっと歌っていた。16歳からのど一本で食べて50年」と話し、「歌い手っていいよね。一度歌ったらやめられない」と歌手の魅力を熱弁。「だいたい今の役者も出だしは歌手」だと言い、三浦友和、中村雅俊、柳葉敏郎の名前を挙げた。

そして、役者として活動してから歌手に戻る人もいると言い、「やっぱり一度スポットライトを浴びてお客さんの前で歌ったら…」と話すと、中居が「忘れられないってことですかね」が発言。細川は「でしょ!」と言い、「よく忘れたね」と声をかけると、中居は「忘れてないよ!」と3回繰り返して強調した。

さらに細川は「これからソロになる?」と質問。中居は「1人で歌う自信なんかねえよ。歌えないよ」と返し、スタジオから笑いが起こった。

■中居正広に若手芸人がダメ出し!その内容に出演者たちも納得のワケとは?

元SMAPの中居正広が、芸歴9年目の若手芸人からダメ出しされた!? これは5月10日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)での出来事。この日は「双子芸能人SP」として、ザ・たっちら4組の双子芸能人が登場。ここで中居に対してキツい言葉を投げつけた芸人がいたのである。

「吉本所属の双子芸人『ダイタク』です。彼らによると双子同士はお互いが似ていないと思っているそうで、弟のタクは『中居さんと山里亮太さんくらい違う』と説明。それに対して中居が『双子が入れ替わってもわからない』と返すと、兄の大が『中居さんは一番(双子を)見分けづらいタイプの人』と指摘したのです」(テレビ誌ライター)

これだけなら別にキツい指摘ではないが、そのあとに兄の大が、核心を突く言葉を投げかけたというのだ。テレビ誌のライターが続ける。

「大は『中居さんは人に興味がない』と断言。それが図星だったのか中居は苦笑いし、周りの共演者も爆笑していました。ここで注目すべきは、一回りも年下の芸人から人格面をイジられても怒るどころか、笑いへと昇華した中居の対応ですね。その態度に器の大きさを感じた視聴者も多かったことでしょう」

 若手芸人のイジりさえも許容する中居。その姿にはSMAPが解散してもピンの司会者として活躍し続ける秘密が垣間見られたようだ。

■中居正広が今井翼を特別扱いする理由は

ジャニーズ歴20年、活動拠点を、テレビから舞台に変えたタッキー&翼の今井翼。ジャニーズ仲間との交流は深く、意外な大先輩とはプライベートでも親しい。

「それは中居正広です。2人は神奈川県藤沢市出身で、小・中学校まで同じ。ヒップホップグループのRIP SLYMEも地元の仲間です。DJ FUMIYAは、中居の幼馴染みの弟で、同じくRIP SLYMEのSUは、中居の後輩にあたる。SUのお姉さんは、中居と小・中学の同級生です」(アイドル誌編集者)

 偶然とは思えない華麗なる交遊関係だが、これだけに終わらない。

「今井翼のお姉さんは、FUMIYAと同じクラスで、部活まで同じ。大会にはよく、今井が応援に来ていたそうです。その縁か、FUMIYAの1学年後輩のリュウタくんは、なんと、今井の姉のご主人。 学生時代、今井は電電公社(現NTT)の社宅に住んでおり、その近所にあった豆腐店の裏に、FUMIYAが住んでいたらしく、今でもこの“チーム辻堂”の絆は健在だと聞いています」

 今井はジャニーズJr.時代、SMAPのバックダンサーを務めており、中居が1998年に出演した連ドラ「ブラザーズ」(フジテレビ)では兄弟役を演じている。2014年11月、今井がメニエール病で入院した際、中居は空気清浄機と直筆の手紙を送っており、今井はお返しにおしゃれジャージをプレゼント。今年は、今井が真っ白なスポーツシューズを中居に贈っている。このように中居にとって今井は、特別な後輩なのである。

■中居正広がキスマイのツッコミに絶叫「もう歌う環境じゃねえんだよ」

元SMAPの中居正広(44)が1日放送されたTBS系「Momm!!」(月曜・後11時56分)で、「もう歌う環境じゃねえんだよ」と絶叫した。

同番組は、音楽トークバラエティ番組で、初めて買ったCDを聞かれたジャニーズ事務所の後輩、舞祭組・二階堂高嗣(26)がKinKi Kidsの堂本剛(38)の個人プロジェクトENDLICHERI☆ENDLICHERIのソメイヨシノだったと回答した。中居は「堂本剛ってすごい歌うまいよね」と話すと、二階堂は「めちゃくちゃうまい。楽器も全部できるし、中居さんとは真逆の才能ですね」と語った。

 すると中居は「お前、何ぶっこんでんだよ」と笑いながら叫び、「もう歌う環境じゃねえんだよ」と話した。コメントの衝撃の大きさに、中居の隣にいて何も語っていないHKT48・指原莉乃(24)が「ごめんなさい!」と謝るほどだった。

■“好きなジャニーズNo.1”中居正広の「仕事術」と「SMAP解散前後の異変」

「週刊文春」が実施したアンケート調査「好きなジャニーズ」で、中居正広が1位に輝いた。そんな彼はおそらく、「業界人が一緒に仕事をしたいタレント」でも上位に入るだろう。レギュラー番組5本、好感度No.1男の仕事のスタンスとは、いったいどのようなものなのか?

 司会者には2通りのタイプがいる。番組内容に積極的に意見し、よりよくしていこうとするタイプと、それに一切異を唱えることなく、言われるがままに進行するタイプだ。

だが前者の中にも、気に入ったスタッフしか周囲に置かず、反論する者には執拗に攻撃し、自ら辞めるよう追い込むタイプもいたりする。長らく日曜朝のワイドショー番組の司会を務めるベテラン司会者は、まさにそうだ。また、後者は後者で、番組の命運より自分さえよく見えればよいというNHK出身の司会者もおり、どちらも一概にいい悪いは言えない。

 では、中居はどうかというと、リベラルというか中庸なのである。タモリや所ジョージのように淡々とこなすタイプもいれば、とんねるずや松本人志のように、ディレクターがプレゼンする企画にダメ出しする者もいるが、中居はそのどちらでもなく、あくまでフラットなのである。

それは、彼と仕事をした人間の証言からわかる。収録直前、スタジオ進行やVTRに不備があった場合でも相談に乗り、どうしたらいいかを一緒になって考えてくれるという声も聞く。かといって、「こうしなければならない」とか、「こうすべき」ということは言わない。あくまでも「こうありたい」と前向きな考え方を述べ、意見を求めるのだという。また、コンサート明けでも疲れを見せずに打ち合わせに臨んでいたとも聞いたことがある。

また、これは受け売りで申し訳ないが、彼の台本は事前に書き込んだ赤ペンで埋め尽くされているという。誰かの言葉ではないが、準備で9割が決まるのだ。

少し話題はそれるが、こんな司会者もいる。自らスポーツ同好会を立ち上げ、スタッフたちと汗を流したり、さらには一緒に旅行に行くようなお笑い芸人だ。両者の垣根を取り払い、より親密になることで士気を高めようとする狙いもあるのだろう。だが、中居はそこまではせず、スタッフのプライベートには立ち入らない。彼自身、女性と3日も同居していられない性分のため「結婚はしない」と冗談めかしてよく言っているが、親しくなりすぎた分、逆に気遣いをさせるのが嫌なのかもしれない。

いずれにしても、お笑い芸人がゴールデン番組の司会を占めている中で、彼の存在は稀有である。だが昨年、彼がMCを務める『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)の仕切りが荒れて、態度が悪くなったときがあった。熱心なファンだったら気づいたかもしれないが、あからさまにゲスト出演者の言葉尻をあげつらい、つっかかったときがあった。それが何週にもわたって続いた。確か、SMAPの解散前後のことだった。

今にして思えば、周りとの折衝に心砕き、疲れていた時期だったのかもしれない。

 そう思えば、彼もまた人間なのだ。もともとは、藤沢生まれの、気のいい兄(あん)ちゃんなのである。だが、そんな彼がレギュラー5本の人気番組を抱え、また『音楽の日』(TBS系)やNHK『紅白歌合戦』の司会もし、オリンピックのメインキャスターもこなすようになった。10年後、20年後、これからの中居はどうなっていくのだろう? いずれにしても、同じ時代に同じこの国で、一人のタレントの成長を見続けるのはこの上ない幸せなのだ。

■MC中居が次に狙う番組は… 香取との共演でみえたSMAP需要

1 2 3 4 5 ... 70 71





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど