「爆発というものを想像するとき、僕は夏の夜に流れる星のイメージに捕らわれる。それは恐ろしく儚く、そして短い生命なのだ。だから、僕は常に混乱する」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小説家ごとの「背後で爆発が起きて振り返る」傑作版

「背後で爆発が起きて振り返る」というお題で歴代の小説家たちがモノを書いたとしたら、彼らはどのように表現しただろうか? 小説家に限らず、様々な人たちの「背後で爆発が起きて振り返る」の表現をまとめました。

このまとめを見る