「凄まじい音とともに地面が揺れる。――爆発、ですか?私が問うと、彼は白湯とさして変わらぬ出涸らしをすすり、 ――だから何だと言うのか。と答えた。りん、と、何処かで風鈴の音がした。」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小説家ごとの「背後で爆発が起きて振り返る」傑作版

「背後で爆発が起きて振り返る」というお題で歴代の小説家たちがモノを書いたとしたら、彼らはどのように表現しただろうか? 小説家に限らず、様々な人たちの「背後で爆発が起きて振り返る」の表現をまとめました。

このまとめを見る