「後ろからぼかん、という音がした。我輩はまた白君がどこぞの酒屋の一斗缶を倒したのかとおもうと、どうもちがうらしい。
 ちらと音のしたほうを振り返ると同時に、硝煙が我輩の鼻をくすぐった。」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小説家ごとの「背後で爆発が起きて振り返る」傑作版

「背後で爆発が起きて振り返る」というお題で歴代の小説家たちがモノを書いたとしたら、彼らはどのように表現しただろうか? 小説家に限らず、様々な人たちの「背後で爆発が起きて振り返る」の表現をまとめました。

このまとめを見る