1. まとめトップ

フリー/法人、やっておくといいもの、つくっておくといいリスト

入っておくことで損金扱いにできたり、また、課税対象となる所得から控除されるなど、フリー/法人など、仕事をしていく上で知っておきたい制度などをまとめてみました。【法人】法人向け生命保険、中退共、経営セーフティ共済【個人】小規模企業共済、エクスプレス予約、文芸美術国民健康保険組合

更新日: 2016年04月06日

swwwitchさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 11893 view
お気に入り追加

貯金する代わりに...

小規模共済は、まあフリーの頃から入っておいたほうがいいんじゃないですかねえ?

法人向けの生命保険というものがある

法人の税務取扱では、逓増定期保険の多くが支払った保険料の2分の1(※)を損金として処理することができますので、損金として処理しながら、万一の際の死亡退職金だけではなく、生存退職金の準備として活用する法人も多いです。

退職金

中小企業退職金共済は会社として負担してますが、これがあるかどうかで採用の時の応募者側のインパクトが相当違うなー実感しております

取引先の倒産に備えて...

倒産防は単に先送りするだけだから、節税効果べつに無いかなあ。

西への出張が多いなら

国民健康保険が高くて困っているなら...

消費税について

その他

経理以外の皆さんは、「いくら還付されるかな??」とワクワクされていらっしゃるのではないでしょうか。今回は、そんな年末調整で損しない、漏れなく控除を受けきるための方法をご紹介します!

そのわたしの資本金からわたしに役員報酬を払うと、そこから所得税が持っていかれる。これは本当に意味がわからん。さらに資本金が底をついてくると、会社に、社長から借り入れるということをしないといけなくて、またお金を個人の口座から会社の口座に戻すというマッチポンプのような作業が必要になる。

こらから企業する方、これからフリーになる人向け

1 2





このまとめに参加する