1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

キングオブ怪奇建築『ウィンチェスター・ミステリー・ハウス』に行ってみたい!

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに実在する怪奇建築『ウィンチェスター・ミステリー・ハウス』は、様々な逸話や伝説で世界的に有名だ。現在は観光地として沢山の人々で賑わっているらしいが…。

更新日: 2016年12月15日

1087 お気に入り 794991 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

だらくださん

ザ・リアルお化け屋敷

コンパスが正しい位置を示さない、携帯ラジオが勝手に鳴り出すといった不思議な現象が次々起こる

呪われた家系!?

屋敷はその昔、銃のビジネスで成功を収めた実業家ウィリアム・ワート・ウィンチェスターの未亡人、サラ・ウィンチェスターの個人的な住宅であった。

これまでの様々な戦争・紛争で、西側諸国はウィンチェスター製の銃を多用してきた。そのため、これらの銃で射殺された犠牲者が出るたびその怨念がウィンチェスター家を呪いに集まり、その数は増える一方のいわば悪霊の溜まり場と化した

西部開拓時代から人気が高く、アメリカの狩猟用ライフルやショットガンの名門として知られる。

最愛なる娘と夫を相次いで亡くした

この出来事をある霊媒師に相談する事で人生が変わってしまいます

サラは霊媒師の言に従って、屋敷がウィンチェスター銃によって殺された人々の霊によって呪われており、これらの霊をなだめるにはひたすら屋敷の増築を続けるしか方法がないと考えていた。

気が変になったおばあさんが、占い師の言うことを聞いて死ぬまでずっと財産を使って増築し続けた

魔除けと自己の不死の力を得るために、建てられたのがこの呪いの館

彼女が死亡するまで、実に24時間365日、屋敷の建設工事が続けられた。こうした続けざまの建設工事費は、およそ550万ドルであったと見積もられている。

有名な観光地

現在、この屋敷はカリフォルニアの有名観光地として常に沢山の人々で賑わっている。

カリフォルニア州の史跡868番に指定され、国指定の歴史建造物

世界中のミステリー好きが集まってくるとか。

地元の人達には、「観光客をターゲットにしたくだらない名所」と思われているようです

奇っ怪な建築

屋敷には、40の寝室と2つの舞踏室を含む、およそ160の個室がある。

47個の暖炉と1万枚の窓ガラス、17の煙突、2つの地下室と3つのエレベーターも存在する。

1 2 3





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • youyoumoshimoさん|2013.10.31

    であぷぷるる日記ぐぐってみー。こいつすげえわ

1