1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tanuki621さん

②COLROW(旧無料版123MAPS)

Googleマップに特定の場所を表示できるツール
(活用例)商店街などの店舗紹介サイトへの表示

Googleスプレッドシートに登録された取引先や店舗の情報を、簡単3ステップでGoogleマップにわかりやすく表示!

静岡おまちバルのリアルタイム混雑状況把握マップすごい。 omachibar.com/123maps/

Googleのクラウドサービスを使っているので、安心・安全です。

④googleマップで複数の住所を一括表示

google maps api v3 を使用して、複数の住所を googleマップ上に一括表示する。 99件までだと数字付きのマーカーで表示し、100件以上は数字無しのマーカーで表示している。

ブラウザからアクセスすれば使えるので、デスクトップのパソコンに限定しないで、インターネットに接続できる端末であればいろいろ使えそうですね。

Googleマップで、1つの地図上に複数のスポットが同時に表示できれば便利だと思ったことはないだろうか。

⑤batchgeo

エクセルファイルに保存したデータを読み取り、Googleマップ上に一気に表示してくれる恐ろしく便利なサイトです。

「BatchGeo」トップページはやや日本語が怪しげな個所もあるが、実用上の問題は特にない。

⑥MyMapPlus

mymapplusのコンセプトは、
"編集作業はPCの広い画面で行い、データはiPhoneで持ち運ぶ"
となっております。

当初よりブラウザ版とiPhone版を同時に製作しており、iTunesとiPodのように2つで一つのサービスとして製作されてきました。

GoogleのマイマップをiPhoneにインポートできるアプリを発見! 100円で機能充実、オススメだと思います。 いってみたいパン屋さんをまとめたマイマップが、外出先で見れるのはありがたいです! iphone-ja.mymapplus.com

1