1. まとめトップ
  2. カラダ

アマニ油は色々な効果が期待できるらしい

アトピー花粉症・アレルギー うつ 糖尿病 がん 生理痛頭がよくなる ダイエット効果 アンチエイジングなどの効果が期待できるらしいアマニ油についてのまとめです

更新日: 2013年12月15日

niconiaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1138 お気に入り 1904726 view
お気に入り追加

アトピー
花粉症・アレルギー
うつ
糖尿病
がん
生理痛
頭がよくなる
ダイエット効果
アンチエイジング
などの効果が期待できる!?
最後にレシピもいくつか紹介しています。

亜麻仁油(アマニ油)とは

成熟したアマの種子から得られる、黄色っぽい乾性油(空気に触れると固まる油)。

アマの種子を圧搾、又はこれをつぶして溶媒で抽出することで得られる。代表的なω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸に富み、栄養サプリメントとしても販売されている。

沸騰させたアマニ油は油絵具のバインダーや、「オイルフィニッシュワニス」として木製品や皮革の仕上げに使われる。

。亜麻の持つ食物繊維も十分に取れ、さらに栄養素も高まる。栄養学的には 100 gの亜麻の種には 450 kcalの熱量があり、脂肪 41 g、食物繊維 28 g、タンパク質 20 gを含む。

アマニ油は食用として栄養が豊富で、他にもニスみたいに使えます。

アマニ油とオメガ3(ω-3)脂肪酸

必須ω-3脂肪酸の一つ、α-リノレン酸(ALA、18:3Δ9c,12c,15c(18炭素鎖の9, 12, 15位の合計3ヶ所に二重結合があるという意味))の化学構造。化学者はカルボニル炭素からカウント(青い番号付け)するが、生理学者はω(n)炭素からカウント(赤い番号付け)する。ω末端から、最初の二重結合が3番目の炭素-炭素結合が現れる。そのため、ω-3と命名される。

ω-3系脂肪酸の必要量は「日本人の食事摂取基準(2005年版)」で成人では1日に2.0-2.9グラム以上とされており、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では成人では1日に2g程度とされている。

オメガ3は他の食材では、鮭、青魚、大豆製品、緑黄色野菜からもとれますが、含有量が少ないため、亜麻仁油からダイレクトに摂りましょう。

「オメガ3」は、人間に必要な必須不飽和脂肪酸の1つであり、子供の体にこれが不足すると、まず肌荒れの症状が見られるんですね。

オメガ3の不足により肌荒れの症状が現れ、そのままほっておくと「アトピー」と診断されることも多いようです。

ω-3脂肪酸は炎症を悪化させてしまう成分の生成を抑制する働きを持っているのです。ですから、花粉症が発症した時に亜麻仁油を摂取すると症状を和らげることができますし、定期的に摂取することで予防にもなります。

さらに、不飽和脂肪酸のひとつ、α-リノレン酸も抗炎症作用を備えているほか、抗するアレルギー作用もあります。

リノール酸などの脂肪酸は、アラキドン酸などの炎症物質にかわりますが、オメガ3脂肪酸は逆に炎症を鎮める作用を持っています。花粉症の季節に悪化しやすいぜんそくにも良いといわれています。花粉症の季節は青魚を増やしたり、植物油をシソ油や亜麻仁油といったオメガ3脂肪酸の多い油に変えたりすると良いかもしれません。

そのカギを握るのがDHAです。魚に多く含まれていることで知られるDHA。頭がよくなる物質としても有名ですが、それだけでなく、精神状態を安定させる効果があります。

そんなDHAを効率よく摂取することができるのが亜麻仁油に多く含まれているのが不飽和脂肪酸、オメガ3なのです。このオメガ3はDHA、α-リノレン酸、EPAのことです。α-リノレン、EPAはともにDHAの分解過程で生じるものです。つまり亜麻仁油を摂取することで効率よくDHAの不足を補うことができるのです。

海外ではすでに1950年代から亜麻仁油を糖尿病対策に使用してきたと言われています。

。脂肪分の摂取については飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の選択が重要な意味を持っています。おもに動物性脂肪が当てはまる飽和脂肪酸の摂取量が多くなってしまうと脂肪の蓄積やコレステロール値、血糖値のといった問題を抱えてしまうのです。そしてそれが糖尿病の直接の原因ともなります。

ですから、脂肪が蓄積しにくく、血糖値を抑制することができる不飽和脂肪酸が多く含まれている亜麻仁油は糖尿病対策に大きく役立てることができます。動物性脂肪から切り替えることで摂取カロリーの抑制もできます。

その秘密は亜麻仁油に含まれているα-リノレン酸にあります。不飽和脂肪酸の中でもオメガ3と呼ばれる種類に分類されるこのα-リノレン酸。じつはこの物質にはがん細胞が成長を抑える働きがあるのです。

とくに乳がん、前立腺がん、肺がんの細胞に対して大きな威力を発揮することが明らかになっています。

アルファリノレン酸と冠状動脈心疾患

アルファリノレン酸の摂取が多いと冠状動脈心疾患のリスクがわずか低下する。25万人27研究のメタ解析。アルファリノレン酸は植物性のオメガ3。シソ油、アマニ油などで摂ることが多い。 http://t.co/hQC2mISD

1 2





niconiaさん

猫やかわいいもの、きれいなもの、ゲーム、海外の流行についてが好きなのでそれらに関する画像、動画、情報などまとめていきたいとおもいます。

このまとめに参加する