1. まとめトップ

【つげ義春】ハマると抜け出せない!鬱でシュールな つげ義春の漫画10選!

鬱でシュールな つげ義春 の漫画10選を紹介。雑誌「ガロ」で発表された代表作『ねじ式』を初め、『紅い花』、『別離』など、ハマると抜け出せないディープな つげ義春 ワールドを楽しみましょう。あなたもきっとハマるはず…。

更新日: 2017年04月16日

81 お気に入り 226737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ashi0914さん

つげ 義春 が描く恐ろしくシュールで鬱なマンガ 10選【漫画】

『ねじ式』

『ねじ式』(ねじしき)は、つげ義春により1968年月刊『ガロ』6月増刊号「つげ義春特集」に発表された漫画作品。

ねじ式に何の意味があるのだろうか。手術をされ腕にねじがつけられた男。そこから何かあるわけではなくそこで終わってしまう。

ねじ式は、面白いと思う人と、よく解らないと思う人との差が顕著な本だろう。例えばメメクラゲに噛まれて主人公は当然静脈が切断されるわけだが、どうして(当然)なんだ!と思わず心の中で叫ぶこの不合理をそのまま受け入れられない人は面白くないのではないか。

つげ義春さんの代表作「無能の人」「ゲンセンカン主人」「チーコ」「李さん一家」「ねじ式」など。 知っている人には評価が高い、知らない人は「何それ?」な話。

北斗の拳の「ひでぶ」という言葉は「ひでえ」の誤植だったって話が盛り上がってるけど、つげ義春のねじ式も冒頭の「メメクラゲ」という生物が「××クラゲ」の誤植だったって話を思い出した。 偶然の産物だからこそ、普段聞かないような斬新さが出せて、人々に忘れられない強い印象を残せたんだね。

昨日描いた一日一絵、つげ義春先生のねじ式。 僕はどうすれば良いのでしょう。 pic.twitter.com/aAqDqqlzOD

『沼』

つげのその後の表現上の転換となる画期的な作品。それまでの漫画界にはなかった表現主義的な作風が、さまざまな議論を巻き起こした。

……難解な作品だ。
 そしてこの作品の「意味」を追求しても、それこそ「意味がない」ように思える。
 例えば「蛇=【罪】の暗喩(籠のウズラを蛇が食べる、という少女の台詞もある)」
 「青年が少女の首を絞める=セックスの暗喩」
 と、いおうと思えばいえる。しかし厳密にはわからない。

『チーコ』

当時のつげの作品にしては珍しく、生活経験を元にほぼ事実どおりに描かれている。全編において描写は非常にリアルである。ストーリーは作品が描かれた5年前(1961年)に別れた女性との同棲生活の一部を切り取ったものである。文鳥をたばこケースに入れ死なせたのも事実である。死んだ文鳥の真っ赤な嘴がみるみる真っ白に変化していくさまを見て恐ろしくなり、女性がバー勤めから自宅に帰った際にとっさに「逃げた」と嘘を言った。

唯一創作は死んだ文鳥を隣の庭に埋める場面である。事実は隣家の庭の草むらに捨てたものである。

なにげない日常の一ページにみえた男女の会話のうらに激しい感情のうずがあったのが分かり、チーコの奥深さを感じた。

『チーコ』作品の中にあるものがすべて記号、暗号のように思えた! 映画に似たものを感じる!

『初茸がり』

『沼』、『チーコ』に続く”つげ的世界”が開示された傑作といわれ、難解や内容に暗さが強調された前2作に比し、叙情的、メルヘン的でノスタルジックな味わいをも感じさせ、小品ながら完成度の高い点が、それまでの作品に批判的であった『ガロ』の読者をも引きつけた。発表当時、水木もこの作品には肯定的であった。

『李さん一家』

『ねじ式』、『紅い花』、『ゲンセンカン主人』、『無能の人』などとともに短編の多いつげの代表作。最後の唐突な終り方と李さんの飄々とした台詞、主人公でありながら李さん一家とはどことなく距離を置いた語り口などユニークな作風は、他の作家をも刺激するらしく、数多い漫画家が作品の中で模倣していることで知られる。

僕の優雅な生活におし入って来たこの奇妙な一家がそれからどこへ行ったかというと   実はまだ二階にいるのです (李さん一家)

『紅い花』

『紅い花』(あかいはな)は、つげ義春が『ガロ』1967年10月号に掲載した短編漫画。雄大な自然の風景とノスタルジックなおかっぱ頭の少女を通して、独特の叙情世界を築き上げた作品である。『ねじ式』と対極をなすもう一つの代表作。

つげ義春ならねじ式より紅い花のほうがよかった。前者は有名すぎて、さんざみんながあの手の描写を模倣したものを見た後に読んだのでなのかも

中学生の頃このドラマ見て草野大悟さんのファンになった。NHK劇画シリーズ「紅い花」原作:つげ義春 演出:佐々木昭一郎、出演:草野大悟。アラカンや藤原釜足さんも出てた。 youtu.be/Ja5xk96hksc

現代人が読んでもおもしろい!つげ義春さんの紅い花!これが1967年の作品だとは思えない! pic.twitter.com/n02J0Usp3k

1 2