1. まとめトップ

【衝撃】 電子レンジって実は体に有害らしい!恐るべき実態とは

電磁波が怖いなと思って調べたらこんなことに・・..

更新日: 2017年02月02日

ZAPPAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
47 お気に入り 259681 view
お気に入り追加

皆さんはいつも電子レンジはつかいますか??

今や切っても切り離せない電子レンジ

ですが、皆様はこの言葉を知っていますか?

「化学物質で汚染された栄養成分によって、胃ガンになるかどうか知りたければ、3分間クッキングして、その後、30年待ってください」。

電子レンジに使われているマイクロ波は電磁気エネルギーの一種で、光波やラジオ波と同様、電磁気エネルギー・スペクトルの一角を占めている。現代の科学時代においては、マイクロ波は、長距離電話信号、テレビ番組、コンピューター情報などを地上間あるいは宇宙空間の衛星に中継放送するために使われている。しかし、我々にとって最も身近なマイクロ波の用途は、調理のエネルギー源としてである。

人間以外の他のすべての動物は、その自然で加工されていない状態で食物を消費します。
これに反して人間は、実際に食べる前に、わざわざ栄養的に、まったく無益なことをしてしまうのです。

実際、ロシアでは、電子レンジの使用について多くの研究が行われた際、健康にネガティブな結果が出たため、1976年に電子レンジの使用が禁止されました。

電子レンジは、広告に書かれてあるとおり作動して、あなたが食べるものを温めてくれます。

しかし、熱が作り出されるメカニズムは、ビタミンとファイトニュートリエント(植物栄養素)のデリケートな分子構造に、その内側からダメージを与えます。
ビタミンB群やフラボノイド、その他の栄養素は、電子レンジによって簡単に破壊されてしまうのです。

科学的に発見された電子レンジのリスク

1)電子レンジで調理すると、素材の持つ自然の力が60 ~ 90%も失われてしまう。
また、食物の構造の分解を加速する。

2)電子レンジを使うと、牛乳とシリアル食品の中に、ガンを引き起こす要素を作り出す。

3)電子レンジを使うと、食物物質の要素を変質させてしまい、結果、消化器の病気を引き起こす。

4)電子レンジは、食品の性質を化学的に変えてしまうので、ガン種に抵抗するリンパ系や体の抵抗力を衰えさせ、それらが十分に機能しなくなる可能性がある。

5)電子レンジで調理された食べ物は、血中のガン細胞のパーセンテージをより高くする。

6)生野菜、調理済み野菜、冷凍野菜を、短時間、電子レンジにかけて、フリーラジカルを生成させたところ、要素物質の破壊の様子に変化が見られた。

7)電子レンジで調理された食べ物を食べ続けていると、胃や腸の周辺の細胞組織の退化、消化器系と排泄系組織の段階的な破壊を誘って、統計学的に高い割合で胃ガンと腸ガンが引き起こされることが分かった。

まだまだありますが、続きは下記リンクに書いてあります。

思い当たる節があるかたは即刻レンジの使用を控えた方がいいかも・・

原発から出る放射線(外部被曝する、ということ)も、原発から放出された放射性物質が体内に取り込まれ(内部被曝)、その臓器や筋肉に沈着したマイクロホットスポットから体内の細胞に向けて照射される放射線も、電磁波です。

大雑把に言えば周波数帯域と波長域が異なるだけです。

〔電磁波→放射線→核〕ということです。

ついつい忙しいと、電子レンジの出力を「強」にして、冷凍物を解凍したりしますが、これで周囲の人たちは、放射線被曝するのです。

赤ちゃん、6歳くらいの小さな子供、妊婦さんは、電子レンジを使うときは、「中」以下にして、スイッチを押したとたんに、キッチンから出ていたほうが安全です。
電子レンジから周囲に漏れ出る放射線の強さ(外部被曝量ということ)も、距離の2乗に反比例するはずですから。

「原発から遠く離れているから外部被曝は大丈夫」というのと同じことです。

1 2





ZAPPAさん

いろいろなまとめを作成します。為になるものから無駄なものもで津々浦々~